大島紬とは?その特徴から種類・伝統柄・証紙までを解説

TOP

> 大島紬とは?その特徴から種類・伝統柄・証紙までを解説

大島紬は、鹿児島県の奄美大島を発祥とする希少性の高い絹織物です。本記事では、大島紬とはどのような織物か、その特徴や種類、伝統柄や産地を証明する証紙について解説します。また、大島紬の買取相場や高く売るためのポイントも合わせてご紹介します。

大島紬とは

 

大島紬は、その名の通り鹿児島県奄美大島で生産される着物です。1300年以上の歴史をもち、日本の伝統的工芸品に指定されています。奄美大島の泥で黒く染められた絹100%の糸を使い、先染め手織り、平織りといった伝統的な技術を用いて作られることが特徴です。手作業によって生み出される高級感は日本国内外で高い評価され、世界で最も緻密な織物といわれるほどです。このように高級な絹織物ですが、日常に着る着物としてもパーティや食事会などおしゃれ着としても親しまれています。

日本の代表的な紬の1つ

紬とは、紬糸で織られた着物を指します。糸の状態であらかじめ染色(先染め)し、織り方によってさまざまな柄を作り出していきます。紬糸は絹の一種で、蚕の繭を煮潰した真綿から糸にしたものです。現在では、紬糸のほかに生糸(絹)、玉糸、麻、綿が使われているものも紬と呼んでいます。紬糸100%には結城紬があり、大島紬は生糸100%です。

 

紬は日本各地で織られ、大島紬のほかに、茨城県結城市の結城紬、新潟県魚沼市・塩沢地方の塩沢紬、長野県上田市の上田紬、沖縄県の久米島紬などが有名です。産地によって工程は異なりますが、いずれも繊細な手作業が繰り返されることが特徴です。

日本の伝統工芸品に指定されている

大島紬は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)に基づいて、1975年に経済産業大臣から伝統的工芸品に指定されました。大島紬の技法は、1945年以降に鹿児島県奄美大島から宮崎県都城市に伝わり、宮崎県も伝統的工芸品に指定されています。

伝統的工芸品は、 

 

  • ・主として日常生活の用に供されるもの
  • ・その製造過程の主要部分が手工業的
  • ・伝統的な技術または技法により製造されるもの
  • ・伝統的に使用されてきた原材料を使用していること
  • ・一定の地域において製造されていること

 

上記の項目を全て満たすことで、伝統マークのデザインを模した「伝統証紙」が貼られます。

 

大島紬は、伝統的な製法を伝承する職人後継者の不足、原材料の減少といった厳しい状況にあります。このような伝統的工芸品を将来にわたって受け継ぎ、伝統的工芸品産業の振興を目的に、伝産法が制定されました。

 

参考:伝統的工芸品|経済産業省伝統的工芸品指定品目一覧|経済産業省

世界三大織物にも数えられる

イランのペルシャ絨毯、フランスのゴブラン織りと並んで世界三大織物のひとつに数えられています。大島紬は、1本の反物が完成するまでに、図案作成から染め・織りまで30以上の手作業による工程を経て、半年から1年以上の期間を要します。

 

それによって作り出される緻密で美しい柄や独特な色合いが、世界的な高評価につながっているのです。また、表裏のない丈夫な作りで、着るほどに体に馴染むことが特徴で、親から子、さらに孫へと受け継がれることが多いことも、国内外で長く愛される理由といえます。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

大島紬は、結城紬や塩沢紬と並び日本三大紬の一つに数えられる紬で、着物の女王の異名でも知られています。

 

大島紬がそれほどまでに素晴らしい織物だと言われるのは、やはりその頑丈さにあります。緻密な織、独特な泥染めによって強化された生地は200年使用しても問題ないと言われているほどです。しかも、丈夫なだけでなく、軽くてしなやかさもあり、実に着やすい着物となっています。

1300年受け継がれた大島紬の歴史

 

大島紬は、1300年もの長い歴史の中で培われ、奄美大島の人々の生活に密着して受け継がれてきました。ここでは、東大寺献物帳に記されたとされる奈良時代から、新しい技法が開発され進化を遂げる大正時代以降の歴史までをご紹介します。

奈良時代:東大寺献物帳に記された「褐色紬」

大島紬の起源は諸説あり、いまだ明らかになっていません。一説によると、952年に桑園が奨励されていたことから、奄美大島でも養蚕が行われ、紬が作られていたようです。現存する資料としては、東大寺献物帳に褐色紬(七条褐色紬袈裟)の品目が記されており、この献上された褐色紬が奄美大島の紬織物であるといわれています。奈良時代には、奄美大島で紬織物が文化として根付いていたことを示しています。

江戸時代:日常品から上納用として作られる

紬織物は島民の野良着として日常的に愛用されていました。この頃すでに、相当量の紬織物が作られていたことが分かります。しかし、1720年に島津藩より紬着用の禁止令が出たために、上納用に限定して高級な紬織物が生産されることになったのです。

明治時代:販路を広げ普及していく

1877年以降、本格的に商品として鹿児島の呉服店や大阪でも取引されるようになります。さらに、1889年の第3回国内勧業博覧会出品を機に需要が急増したことと、女性には重労働で織布の効率が悪かった地機から高機へ織機の改良によって、生産量が飛躍的に伸びました。そのため、鹿児島市内にも紬工場や織屋が増え、奄美群島、鹿児島県において生産されるようになります。

 

1896年以降、需要が増大したことにより一時的な供給不足となり、粗製品が売られる事態を引き起こしてしまったのです。その後、1901年に製品の改善を目的に、鹿児島県大島紬同業組合が設立されました。1907年には絣染織が考案されたことで、生産量を一気に上げることに成功します。

 

この頃には、テーチ木(奄美大島に自生するシャリンバイのこと)以外に、藍や松の実といった草木の煎汁と鉄を含む泥土を使った染色技法で生産されていましたが、チーキ木染めと泥染めに統一されました。

大正時代以降:苦難の状況下にも新しい技術が開発され続ける

1907年以降、生産量を上げてきましたが、第二次世界末期1945年の鹿児島大空襲によって工場を失い、生産が壊滅状態となってしまいました。1946年2月からアメリカの占領下にあった奄美大島は、終戦にともない1953年12月に日本へ復帰し、原材料の確保が容易になり、アメリカが占領地に対して与えた資金(ガリオア資金)によって、大島紬の生産が戦前の水準まで順調に回復したのです。

 

1955年以降、新たな染色法や加工法の開発にともない、白大島紬と色大島紬、白泥染大島紬が次々と開発されていきます。1975年には、国の伝統的工芸品の指定を受けて、今後も先染め絹織物「本場大島紬」の技術は未来へと受け継がれていくことでしょう。

 

参考文献:茂野幽考著『大島紬の歴史』南日本出版文化協会

大島紬の特徴

 

大島紬の特徴である原材料や技術・技法の主要部分は、長い歴史を経て今日まで受け継がれています。

大島紬の主な特徴は、以下の5つです。

 

  • ・絹100%
  • ・先染め手織り
  • ・平織り
  • ・締機で手作業によって加工されたもの
  • ・手機で織り上げたもの

 

これらの5つの特徴を網羅してこそ、大島紬といえるのです。ここでは、個々の特徴について分かりやすく解説します。

絹100%

大島紬は経緯(たて・よこ)糸ともに生糸、つまり絹100%です。生糸とは、蚕の繭から引き出した糸を指します。大島紬が、高級織物といわれる理由の1つです。また、絹はチーキ染めや泥染めと相性がよく美しい色に染め上がります。実際に着てみると、なめらかな質感に加えて軽く温かみが感じられます。

先染め手織り

先染めとは、織り上げる前の段階で、白い糸を染める染色方法のことです。色の違う糸を組み合わせて柄を作り出すため、精密な図案を作成する必要があり、高度な技術をもった職人が求められるなど、労力と手間がかかるのです。

大島紬は、手染めに加えて手織りでなければいけません。手織りとは、手織り機で織られた織物のことです。織締め(織って糸を締め、染めてからほどく作業)の絣(かすり)加工は、手織りの大島紬固有のものです。

平織り

大島紬では、平織りが原則とされています。平織りとは、経糸と緯糸を交互に浮き沈みさせる織技法のことです。平坦で崩れにくく、摩擦に強いことが特徴です。奄美大島では、日常的に着用していたため、着心地や耐久性を追求し、丈夫で摩擦に強い特性をもつ平織りで織り上げられてきました。

締機(しめばた)で手作業によって加工されたもの

大島紬は2度織られるといわれますが、大島紬では、先染めをするために1度織り、染めた後にも再度織る工程があります。最初の織りの工程で、締機を使って大島紬独特の絣を加工していきます。具体的には、ガス糸(綿糸)を経糸として、糊張り乾燥したフス糸を緯から織り込んで締めます。この時にできた厚みのある絣を絣筵(かすりむしろ)と呼び、大島紬独特の絣製法です。

手機(てばた)で織り上げたもの

大島紬は、手機といわれる電力を使わない織機を使います。もともとは手機の一種である地機(じばた)を使っていましたが、明治時代に需要が急増したことで改良されてから現在に至るまで、高機(たかはた)で織っています。およそ7㎝ほど織っては経糸をゆるめ、針で経糸と緯糸を1本ずつ丁寧に絣を合わせる作業を繰り返しています。

 

参考:本場奄美大島紬とは|本場奄美大島紬協同組合

監修者コメント

ナヴィカス祐木

奄美大島の自然の恵みから生まれたといっても過言ではない泥染め技法は、他には類を見ない珍しいものです。50を超える工程で生み出される泥染め生地には素晴らしい光沢が生まれます。そして、この光沢こそが大島紬の格上げに貢献しているのです。

 

また、泥染めは美しいだけではなく、生地崩れ防止効果、シワ防止効果、色あせ防止効果なども期待できます。シワになりにくく、お手入れしやすいことから大島紬を愛用している人も多いです。

染め方による大島紬の種類

 

大島紬は、テーチ木や藍、その他の天然染料と化学染料を用いた染め方があり、さまざまな種類があります。主な種類は、以下の5つです。

 

  • ・泥大島紬
  • ・泥藍大島紬
  • ・草木泥染大島紬
  • ・白大島紬
  • ・色大島紬

 

ここでは、まず大島紬を特徴づける泥染めについて解説し、続いて大島紬の5種類をご紹介します。

大島紬に欠かせない「泥染め」

泥染めは、大島紬に欠かせない染色方法で、タンニンを多く含むテーチ木から作られた染料と泥田の鉄分の化学反応によって、渋みのある黒褐色が生み出されます。基本的な工程は、チップ状にしたテーチ木を煮出した煎汁液に漬けた糸をもみ込む作業を20回ほど繰り返して染色を行い、さらに泥水で媒染を行います。黒褐色になるまで、この工程は数十回繰り返されるのです。

 

参考:「染と織」地域別辞典|大島紬|一般社団法人民族衣裳文化普及協会

泥大島紬

泥染め特有の艶と深みがある黒色は、化学染料では出せない、泥大島紬の大きな魅力です。黒色の地糸に白く染め残った絣糸が交互に織り込まれています。泥染めによって、紬の光沢に磨きをかけている代表的な大島紬です。

泥藍大島紬

泥染めにはテーチ木が使われますが、泥藍大島紬ではテーチ木の代わりに天然の藍を使います。ジャパンブルーともいわれる、日本古来の伝統色です。藍で染色した生糸を泥染めし、黒色の地糸に藍色の絣糸が交互に織り込まれることで、藍色を主体とした明暗を表現した美しい紬です。

草木泥染大島紬

泥染めの前にテーチ木、藍以外の草や木などの天然染料を使うのが草木泥染大島紬紬です。大島紬の染色には、植物の実や花、葉あるいは根や樹皮から抽出した植物染料を用いる「古代染色」を受け継ぎ、改善を重ねています。主な原材料は、奄美大島に自生するチン木やフク木、ホルト木などです。

白大島紬

絣糸に化学染料を使用して染色され、染めないままの地糸に絣模様を織り出した紬を白大島紬といいます。使用する泥は薩摩焼の原料となる「白薩摩」で、これを白泥に加工して細かな粒子をもみ込むことで、大島紬の特徴である落ち着いた風合いに仕上がっています。大島紬といえば泥染めが基本で渋い黒色になるのに対して、白を基調とした明るく清楚な雰囲気をかもし出せることが特徴です。

色大島紬

化学染料のみを使用して染色され、色染めの地糸に色絣を織り出した紬が色大島紬です。渋さや深みといった従来の風合いに対して、天然染料では出せないバリエーションがあり、鮮やかで大胆なデザインが魅力です。伝統の染色技法を受け継ぎながら、現代風にアレンジすることで、無限の可能性が感じられる紬です。

 

参考:本場奄美大島紬|鹿児島県奄美市

奄美大島の自然が反映された伝統的な柄

 

大島紬は、奄美大島の自然をモチーフとした多種多様な柄があります。その中でも、龍郷柄や亀甲柄は有名で人気が高い柄です。ここでは、龍郷柄と亀甲柄、秋名バラ柄をご紹介します。

ソテツをデザインした龍郷柄

大島紬の最も有名な柄に龍郷(たつごう)柄が挙げられます。奄美大島に自生しているソテツの葉と実の形を幾何学模様にデザインした柄のことです。主に女性向けの柄として使われ、菱紋の中に赤や青が施されているものもあります。また、同じ龍郷柄でも染め方や柄の大きさ、色などによって印象が異なります。

縁起の良い亀甲柄

大島紬の亀甲柄は、亀の甲羅をデザインした六角形をつなぎ合わせています。長寿の象徴であることから、縁起が良いとされている吉祥柄です。この柄が使われた当初は、単純な形の後染めや大柄な絣模様でしたが、絣技術の向上にともない精密な亀甲絣を組み合わせた柄が作られるようになっています。主に男性向けとして、泥藍大島紬の亀甲柄が選ばれることが多いようです。

ザルをデザインした秋名バラ柄

大島紬の秋名バラ柄(あきなばらがら)は、奄美の秋名地区の竹で編んだサンバラ(奄美地方の方言でザルの意味)をデザインにした柄のことです。泥染め特有の黒に格子柄に赤や青の十の字による交差模様が華やかさを表現しています。龍郷柄と並ぶ大島紬の古典柄で、男性にも女性にも選ばれています。

 

参考:古典柄|本場奄美大島紬協同組合

大島紬の産地と証紙

 

大島紬は、産地ごとに定められた基準に合格すると商標登録を示す証紙が貼られます。各協同組合が発行し、産地の証明と品質の証になります。

 

  • ・地球印
  • ・旗印
  • ・鶴印

 

ここでは、大島紬の証紙について解説します。

鹿児島県鹿児島市産「本場大島紬」:旗印

鹿児島県鹿児島市産の本場大島紬には、旗印の証紙が貼られます。旗印には2種類あり、手織りと機械織りで異なるので注意が必要です。

 

手織りの場合

「本場大島紬織物協同組合」の検査に合格すると、水色の台紙に旗印の証紙が貼られます。また、経済産業大臣指定の伝統的工芸品として伝統証紙も同時に貼ることになっています。

 

機械織りの場合

「鹿児島県絹織物工業組合」の検査に合格すると、ピンクの台紙に旗印の証紙と金色の正絹シールが貼られます。伝統証紙は貼られていません。伝統証紙の有無で、手織りか機械織りかを判別することができます。

鹿児島県奄美大島産「本場奄美大島紬」:地球印

鹿児島県奄美大島産の本場大島紬は、「本場奄美大島紬協同組合」の検査に合格すると、地球印の証紙と伝統的工芸品として伝統証紙が貼られます。また、朱色の糸で「本場奄美大島」と織り込まれているので、手織りかどうかの判別が容易です。

 

引用:本場奄美大島紬の証明|本場奄美大島紬協同組合

 

機械織りの場合

「本場奄美大島紬協同組合」の検査に合格すると、手織りとは異なるタイプの地球印の証紙が貼られています。伝統証紙は貼られていません。手織りと比較すると違いは歴然としていますが、伝統証紙の有無で、確実に手織りか機械織りかを判別できます。

 

引用:本場奄美大島紬の証明|本場奄美大島紬協同組合

宮崎県都城市「本場大島紬」:鶴印

宮崎県都城市産の本場大島紬は、宮崎県都城絹織物事業協同組合の検査に合格すると、鶴印の証紙が貼られます。また、伝統的工芸品として伝統証紙も貼られます。

 

大島紬の反物の織口には、ご紹介した証紙が必ず付いています。産地以外にも、染めの種類を示す証紙が貼られている場合がほとんどで、織元の名前や商品の規格などの説明も記されています。産地による証紙の違いを覚えておきましょう。

大島紬の買取相場の特徴と影響をおよぼす要因

 

大島紬を売る際の買取相場に影響をおよぼす要因は、大きく分けて以下の3つがあります。

 

  • ・奄美大島で作られたものが高値になりやすい
  • ・機械織りより手織りが高い
  • ・有名ブランドの都喜ヱ門

 

ここでは、大島紬の買取相場の特徴と影響をおよぼす3つの要因について解説します。

数万円から数十万円を超えるものまで買取価格に幅があることが特徴

伝統的な技法で織られた大島紬は、工程数の多さから製作期間が長く、大量生産されていません。そのため希少性が高く、買取においても高値になりやすいのです。

 

また、世界三大織物に数えられるように、日本国内のみならず、世界各国から注目されるなど、幅広い層に人気があります。産地や手織り、ブランドによって、相場は大きく変わりますが、数万円から数十万円を超える買取価格がつくことも期待できます。

奄美大島で作られたものが高値になりやすい

すでにご紹介したように、大島紬の産地は鹿児島県鹿児島市、鹿児島県奄美大島、宮崎県都城市の3つがあります。高級な大島紬の中でも、発祥の地である奄美大島で作られた大島紬は特に高値になりやすい傾向にあります。

 

産地は証紙で確認できますから、手持ちの大島紬がどこで生産されているのか確認しましょう。なかでも、最も労力と時間を要する泥大島紬や天然染料で染められている泥藍大島紬や草木染大島紬は、さらなる高値を見込むことも可能です。

機械織りより手織りが高い

大島紬のうち、国が認める伝統的工芸品の基準の1つに手織りであることが挙げられます。大島紬では、先染めをするために1度織り、染めた後にも再度織るという工程を要するため生産量が限られています。このことが手織りの価値を高めているのです。手織りで作られる大島紬は、織物のなかでもごく僅かな工芸品として、愛好家に長く親しまれています。一方で機械織りは、伝統的工芸品に該当しないため、買取価格は手織りの方が高くなるのです。

有名ブランドの都喜ヱ門

大島紬の有名ブランドの筆頭に挙げられるのが「都喜ヱ門」です。 大島紬の伝統技法をベースに新しい図柄・技法を開発し、都喜ヱ門ブランドを展開しました。英国立ヴィクトリア博物館に収蔵されるなど、美術作品としても世界的に評価され、国内でも根強い人気があります。そのため、高額買取に期待ができるものも多く存在します。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

近年は着物をより現代の生活の中に取り込めるようにとカジュアルダウンするものが増えました。大島紬においても、同じ本場大島紬ものでも、本来の緻密な織をあえて崩した、軽い織味のものも登場しています。このような大島紬は、当然価格の方もお手頃になります。

 

大島紬の中でも高級品としての価値がつくのは、緻密な織り、伝統的な大島紬の染料技法が用いられた本場大島紬だけです。中でも更に価値が高くなるのは、より製作時間を要する複雑な紋様ものになります。状態が良いものであれば、より古い、歴史ある品が高く評価される傾向にあります。

大島紬を高く売るためのポイント

 

大島紬は、買取価格が高値になることもあるため、少しでも高く売りたいと考える方は多いでしょう。高く売るためには、主に5つのポイントがあります。

 

  • ・お手入れが行き届いている
  • ・証紙が付いている
  • ・丈は長いほうが良い
  • ・できるだけ早く売る
  • ・着物専門店で売る

 

ここでは、大島紬を高く売るためのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

お手入れが行き届いている

お手入れが行き届いていることが、少しでも高く売るためのポイントです。大島紬は乾燥させることが大切です。お手入れの仕方は次の通りです。

 

  • ・着用後は、ほこりを払い、風通しのよいところで陰干しをする
  • ・袖口や衿など汚れやすいところは、拭き取っておく
  • ・シミや汚れ、カビを見つけたら着物専門のクリーニング業者に相談する
  • ・正しくたたみ、たとう紙に包む
  • ・定期的に虫干しを行い、着物専用の防虫剤・乾燥剤を使用する

 

しわや黄ばみ、カビが発生しないよう、丁寧にお手入れしておくと、買取時も高値が付きやすくなります。

証紙が付いている

証紙が付いていることで、産地や品質、染めの種類、伝統的工芸品かどうかといった価値を証明できるため、少しでも高く買い取ってもらうのであれば必ずそろえたいところです。もちろん、柄や手織りかどうかは見た目でも判別することは可能ですが、本物であることを客観的に示すのは証紙でしかできません。大島紬を購入した際に必ず付いているので、紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

丈は長い方が良い

丈の長さは短いよりも長い方が、高く売ることができます。なぜなら、次に購入する人の身長や体型に合わせて、仕立て直しをするためです。日本人女性の平均身長は約158cmで、外国人の購入までを視野に入れると丈の長い大島紬が求められます。とはいえ、自分で元の丈にもどす必要はなく、現状のまま買い取ってもらいましょう。

できるだけ早く売る

少しでも高く売るためには、できるだけ早く売ることも重要なポイントです。大島紬を丁寧にお手入れしていたとしても、経年劣化による状態の低下を防ぐことが難しいためです。着る機会がないのであれば、少しでも新しいうちに買い取ってもらうことをおすすめします。

着物専門店で売る

少しでも高く売るためには、大島紬の正しい価値を判別できる着物専門店での買い取りがおすすめです。大島紬は高価なものですから、損のないように価値を見極めてもらわなければいけません。したがって、大島紬の専門知識をもった鑑定士に査定してもらうことが重要なのです。できるだけ買い取り実績の高い着物専門店を選んだ上で、複数の見積りを出して比較することも高く売ることにつながります。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物を高く売る上で大切なのは、着物の状態が良いことに他なりません。より新品に近い状態のものであれば、それだけで市場価値も高まり、高値が付きやすくなります。目視で確認できる汚れがあるのであれば、買取に出す前に汚れ落としをすることを強くお勧めします。

 

また、着物を高く売る上で重要になってくるのが業者選びです。大島紬ほど名の知れた着物になると、買取業者の中でも着物の買取実績の中でしっかり紹介しているケースが目立ちます。各業者で過去買取参考価格が提示されていることが多いので、あらかじめ調べて、参考にしておくと良いでしょう。

 

実際に買取をお願いする場合は、無料査定を何社かに依頼し、買取価格相場を吟味することも大切です。査定をお願いする際には、必ず証紙を用意するようにしましょう。

最後に

本記事では、大島紬とはどのような織物か、その特徴や種類、伝統柄や産地を証明する証紙について解説し、大島紬の買取相場や高く売るためのポイントも合わせてご紹介しました。大島紬は、厳格な検査をクリアし、商標登録を示す証紙が与えられる日本の伝統的工芸品です。また、1300年の歴史を受け継ぐ日本の代表的な紬の1つで、その価値は国内外でも認められ世界三大織物に数えられています。このように高級織物である大島紬を売却する際には、買い取り相場に影響をおよぼす要因や高く売るポイントを踏まえておきましょう。

 

この記事を書いた人

着物買取のてびき編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取のてびき」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...