着物の処分方法7選|買取業者の選び方や高く売るためのポイントを解説

TOP

> 着物の処分方法7選|買取業者の選び方や高く売るためのポイントを解説

着物の処分について、困っている方は案外多いようです。処分のタイミングに迷いながら、保管している方もいらっしゃるでしょう。本記事では、着物を処分する前に確認しておくべきことや正しい処分方法7選、業者に処分を依頼する際の選び方、着物の買取相場と高値がつく条件、高く売るためのポイントも合わせてご紹介します。

着物を処分する前に確認しておくべきこと

 

着物は、行政サービスを利用して廃棄することができます。ただし、処分方法を間違えると回収してもらえないため注意が必要です。ここでは、着物を処分する前に確認しておくべきこととして、自治体のゴミとして出す際の注意点や処分のサイン、処分を検討している着物をよみがえらせる方法について解説します。

着物は自治体のルールに従って処分できる

着物を一般ごみとして処分する際は、お住まいの自治体におけるごみ出しのルールに従って処分しましょう。自治体の多くは、可燃ごみで処分できますが、なかには資源ごみや古布として扱う場合もあります。

 

また、裁断するのかそのままでよいのか、指定袋もしくは透明・半透明の袋を利用するのかなど自治体ごとに細かなルールがあるため注意が必要です。そのため、あらかじめ自治体のホームページや広報で分別方法を確認してみてください。

着物を処分するタイミング

着物は、親から子へ受け継がれることもあるため、長期間保管している方も多いでしょう。しかし、着物には寿命があります。寿命の目安や処分のサインを事前に知っておくと安心です。ここでは、着物を処分するタイミングについて解説します。

着物の寿命

寿命100年ともいわれている着物ですが、実際には時間の経過とともに劣化が進んでいきます。特に絹はダメージを受けやすく、糸をねじり合わせている(撚糸)ため強度が保たれているとはいえ、長い年月のうちに縫い目が裂けてしまうこともあります。

 

ただ、保存状態によって問題なく着用できる期間に違いがあることも確かです。絹よりも麻や綿は耐久性がありますが、生地が薄くなっていたり、硬くなっている箇所がないか着物を広げて確認してみてください。

着物を処分するサイン

着用やお手入れの際にチェックしておきたい処分のサインをご紹介します。処分するタイミングが近くなると、以下のようなサインが確認できるようになります。

 

  • ・汚れやカビがある
  • ・色褪せが目立つ
  • ・ほつれなど生地に傷みがある
  • ・臭いがきつい

 

このように、着物自体に大きな損傷がある場合は処分を検討しましょう。

 

また、着物にそれほど損傷がなくても、とりあえず保管をしているものの着用する機会がない、色や柄が年齢と合わなくなってきているといった着物があれば、処分を検討してみてもよいかもしれません。

処分する前に「洗い張り」してよみがえらせることも可能

着物のオーバーホールのようなもので、仕立てを解いて反物の状態に戻してから洗う方法を洗い張りといいます。水洗いで隠れている汚れまでも落とし、生地を張って整えてから、新たにのり付けをすることで、生地本来の風合いをよみがえらせることも可能です。

 

着物は受け継がれていくなかで、着る人が変われば寸法も変わります。仕立て直しでは、寸法や裏表の生地を入れ替えることもでき、かかる期間は1ヶ月ほどで、洗い張りと仕立て直しの料金は着物の種類によって30,000円から50,000円ほどです。古い着物をリフレッシュさせて着続けたい方におすすめです。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物を処分する方法としては、廃棄、買取、リサイクル、ヤフオクなどでの販売といったものがあります。少しでもお金にしたいのか、お金にならなくても処分できれば良いのか、まずはこの二択から考えてみましょう。

着物はものによってはかなり高額なものもあります。どうせお金にならないだろうと買取に出して、予期せぬ収入を得たという話もあるぐらいです。ごみとしての処分は自治体によっては有料になるところもあるようです。買取に出す場合、仮に査定額がつかなかったとしても無料で引き取ってもらえることもあるので、有料廃棄処分はちょっとという方は買取も検討してみると良いでしょう。

着物の正しい処分方法7選

 

まずは、着物を処分するにあたって確認しておくべきことをご紹介しました。処分を検討したら、手元にある着物を手放す方法も考えてみましょう。ここでは、自治体のゴミとして廃棄する方法を含め、正しい処分方法7選をご紹介しますので、参考にしてみてください。

自治体のごみとして廃棄する

着物は、自治体の可燃ごみとして廃棄することができます。処分にかかる費用は、有料の指定ごみ袋代だけなので安価なうえに、毎週のように回収日があることがメリットです。費用をできるだけ抑えたい方におすすめです。

 

しかし先述のとおり、資源ごみや古布として扱う場合や自治体によっては細かなルールがあります。どちらにしても自治体のごみとして廃棄するためには、捨て方のルールを調べる手間が必要です。また、処分するしかないと考えた着物であっても、種類や状態によっては換金できる可能性があるため、すぐ処分してしまうのは損をしてしまうかもしれません。

 

例えば、練馬区では原則として「古着・古布」扱いになり、区が指定する区立施設(練馬区リサイクルセンター、地区区民館など)へ持ち込むことで、回収・処分してくれます。回収した古着のうち着られるものは中古衣料、そうでないものはウエス(工業用ぞうきん)などに加工して再生利用します。ただし、汚れがある場合や近くに指定施設がない場合は、可燃ごみとして出すことも可能です。

 

参考:古着・古布の回収|練馬区

リメイクして再利用する

着物の素材を使い、和の伝統美を活かして別の形に作り直して再利用することが可能です。最近では、持続可能なモノづくりの方法論のひとつとして「アップサイクル」が注目されています。単なる再利用ではなく、別の形に変えることでアップグレードさせることを目的とする取り組みのことです。

 

着物をアップサイクルしたドレスやワンピースのブランドがあるほどの人気があります。また、アクセサリーやバッグ、クッションカバー、壁掛け、マスクなども裁縫が苦手な方でもチェレンジしやすいでしょう。ただし、一度裁断してしまうと換金できなくなるため、再利用して手元に残しておきたい方におすすめです。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物は本来永く着られるものです。先祖代々の振袖を今も大切に着ているという方もいるでしょう。歴史ある着物だからこそしっかりお手入れして末永く使いたいものです。洗い張りをする、裏地を替える、染め替えるといった方法でいくらでもリメイクすることが可能です。手放すのは惜しいという方は、リメイクを検討されてはいかがでしょうか。
また、ボロボロになってしまってとても買取には出せないという着物をお持ちならば、はぎれにして、小物へアレンジすることもできます。着物や帯のはぎれが欲しいという方は案外多いので、ご自身で使わないということであればヤフオクで販売してみるのも良いでしょう。

リサイクルショップに持ち込む

近くにリサイクルショップがあれば、着物を持ち込んで査定してもらうことが可能です。手軽に利用できるうえに、その場で換金してもらえます。

 

ただし、適正な価格で買い取ってもらうためには、着物の専門知識をもったスタッフによる査定が必要で、そうでなければ本来の価値よりも買取価格が安くなってしまうおそれがあります。リサイクルショップを利用する際には、着物の買取りに対応しているか、専門スタッフが在籍しているかを確認しておきましょう。

ネットオークションで売る

ネットオークションサービスに出品して売却する方法もあります。自分で最低販売価格を決めることができるため、希望価格を下回ることはありません。気軽に始めることができますが、着物の状態や色合いを正確に伝えるための撮影技術や説明、採寸の技術が求められます。

 

また、落札者とのやりとりをはじめとした発送までの手間がかかることも覚えておきましょう。あくまでも取引きですから、出品しても必ず売れるとは限りません。そのため、手っ取り早く確実に売りたい方には向いていない方法といえます。

フリマアプリで売る

フリマアプリを利用して、着物を売却することも可能です。着物を安く購入したいという方は多く、人気のアプリで試してみるのもよいでしょう。汚れがある場合は、その部分の写真と説明が必要です。トラブルを避けるためにも、正直に説明して納得したうえで、購入してもらわなければいけません。あらかじめ、着物の買取相場を調べておくと価格設定がしやすくなります。

 

しかし、フリマアプリはお手ごろな価格での取引きが多く、梱包や発送にかかる費用を考慮した価格設定とのバランスが難しい点で、より多くのお金を手元に残したい方にはおすすめできない方法でもあります。

親戚や友人に譲る

着物を必要とする親戚や友人に譲って、着用してもらうのもよいでしょう。思い入れのある着物を身にまとってもらえるのは嬉しいものですし、着物に合った帯なども譲れば喜ばれます。直接手渡しできれば、発送の手間や費用を省いて処分することができて便利です。

 

親戚や友人に譲る場合は、まだ着ることのできる状態の良い着物でなければ失礼になるかもしれません。たとえ状態がよくても、親戚や知人に売るという形をとるのは難しくなります。少しでも高く売りたい方は、買取りを検討してみてください。

着物専門買取業者に依頼する

着物を専門に買取りしている業者に依頼するのも1つの方法です。専門店であれば、着物に関する専門知識をもったスタッフが鑑定・査定してくれます。そのため、さまざまなものを総合的な買取業者に比べて、正当な評価に基づいて買取りをしてもらえます。買取方法のなかでは、最も高値がつきやすい方法なのです。

 

まずは見積もりを依頼し、買取りが可能か、査定額はいくらになるかなどを確認しましょう。可能であれば、数社から見積りをとり、価格を比較しましょう。次項で、どのような業者を選ぶべきかについて解説しますので、参考にしてみてください。

着物を処分するならどんな業者を選ぶと良いか

着物の処分を着物専門買取業者に依頼するにあたって、信頼ができて少しでも高く売りたいと考える方は多いでしょう。着物専門の業者であっても、買取価格に違いがあることは珍しくありません。そのことが業者選びを難しくさせているのです。ここでは、着物の処分を依頼する業者選びのポイントを紹介します。

古物商の許可がある

一度でも着用された着物は中古品です。それとは別に、未使用の着物であっても誰かの手に渡った時点で中古品となります。これらの中古品買取りをするためには、古物営業法に基づく古物商の許可が必要です。さらに、営業スタッフは「行商従事者証」の携帯が義務づけられており、様式も定められています。買取業者のなかには、無許可で違法営業を行っている業者がいるため注意が必要です。

 

そのため業者選びでは古物商の許可があることが最も重要になります。業者のホームページや名刺に古物商許可番号が明記されているか確認しましょう。

 

参考:古物営業法

複数の買取方法がある

買取方法には、店頭買取をはじめとして出張買取、宅配買取の3つがあります。買取りを依頼する方にとって、どれか1つではなく、都合に合わせて複数の買取方法から選択できると便利です。

 

たとえば、着物を大量に処分したい場合は店頭買取はおすすめできません。1日で査定が終わらない可能性があり、査定結果を後日聞きに行く手間が発生してしまいます。その点、着物を送って査定してもらえる宅配買取やスタッフが出向いてくれる出張買取は、都合をつけやすいメリットがあります。最適な買取方法は依頼者の状況によって異なりますから、複数の買取方法がある業者を選ぶことが大切です。

買取りにかかる手数料が無料

買取りにかかる手数料には、査定料・予約キャンセル料・出張料が挙げられます。多くの業者において基本的に無料です。

 

ただし、宅配買取ではキャンセル時の返送料は依頼者の負担となる傾向にあります。手数料は各業者が設定できるため、買取業者によって有料になる場合もあるため、ホームページで確認し、業者に直接尋ねてみるのもよいでしょう。業者があいまいな対応をするようであれば、他の業者を検討するのが無難といえます。

料金設定が明確になっている

見積りに記載されている内容を細部まで目を通して、料金設定が明確になっているか確認しましょう。買取業者の料金設定は、着物の種類や状態または需要のバランスにより変動するため一定ではありません。とはいえ、信頼できる業者は料金の根拠を細かく提示してくれます。

 

また先述したとおり、買取りにかかる手数料は基本的に無料ですが、追加料金や別料金として記載して請求される場合もあります。不明な点があれば遠慮することなく説明を求めることが大切です。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物の価値は、着物をよく知る人にしか分かりません。特に歴史ある着物であれば、付加価値が眠っていることもあります。よく着物を知りもしない人にはただの古布に思えても、着物に関する知識をしっかり持つ人にとってはお宝に成り得るのです。着物の買取業者を選ぶ際には、しっかり着物の知識を兼ね揃えた専門スタッフのいるところを選ぶようにしましょう。

着物の買取相場と高値がつく条件

 

着物は種類やさまざまな付加価値によって、買取価格にも大きな差が出ます。着物の買取価格に高値がつく条件は、主に以下の6つがあります。これらの条件を満たすことで、買取価格のアップが期待できるでしょう。

 

  • ・友禅や紬などの高級織物
  • ・正絹で作られた着物
  • ・呉服屋あるいは百貨店で購入した着物
  • ・有名作家の着物
  • ・新品・未使用の着物
  • ・証紙や落款がついている

 

ここでは、着物の買取相場と高値がつく条件について解説します。

着物の買取相場は条件によって大きく変わる

すでにご紹介した通り、買取料金は着物の種類や状態または需要のバランスにより変動するため、買取相場はさまざまな条件によって大きく変わるのです。

 

特に、伝統的な技法や絹糸で織られた着物は買取りにおいて高値がつきやすく、有名ブランドや有名産地で作られ、産地や品質を証明する証紙や落款がついていることも着物の価値を確実に上げます。また、信頼性の高い購入先も付加価値になり得ますし、新品・未使用であれば経年劣化がみられる着物に比べて高価になる傾向にあります。

友禅や紬などの高級着物

友禅や紬は、100年以上にわたって長く受け継がれてきた伝統的工芸品であり、高級着物の代表格ともいえる着物です。友禅のなかでも手描き友禅は、花鳥風月や四季の草花などの絵柄が特徴で手作業で染められています。日本三大友禅である京友禅、加賀友禅、東京友禅は人気を集めており、高値がつきやすい着物です。

 

一方の紬は、天然染料で染められた糸で手機(てばた)を使う手作業で織られています。代表的な紬は、大島紬、結城紬、塩沢紬などです。これらは、新品より古くても状態がよいものが高価になります。

 

※伝統的工芸品

伝統的工芸品とは、伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づき、経済産業大臣が指定した工芸品を指します(令和3年1月現在、全国に236品目が指定)。また、各地方自治体が認定する伝統工芸品も存在します。

 

参考:伝統的工芸品|経済産業省

正絹で作られた着物

絹糸だけで作られた正絹(しょうけん)の着物も高値につながりやすいです。見た目の美しさや肌ざわりが特徴ですが、高価になるのは絹糸にあります。繭から引いた絹糸は、職人によって多くの工程を経て作られるため、糸に希少性があるのです。

 

ほかにも、麻や綿といった天然素材は絹に次いで人気があり、それらの着物があれば、買取りを検討してみてください。

有名作家の着物

人間国宝に認定された有名作家が手がけた着物は、通常の着物に比べると購入価格が高額になるため、買取りにおいても高評価を得ることができます。

 

人間国宝は伝統工芸として、友禅染・型染・織り・織りなどの分野で認められた第一人者で、北村武資を筆頭に、森口邦彦、志村ふくみなど45名が認定されています。もちろん作家によって買取相場は変わりますが、高値になることは間違いないでしょう。

証紙や落款がついている

大島紬、結城紬、西陣織、京友禅、加賀友禅など有名産地の着物には、産地の証明と品質の証となる証紙(商標登録)がついています。

 

<鹿児島県奄美大島産「本場奄美大島紬」手織り>

引用:本場奄美大島紬の証明|本場奄美大島紬協同組合

 

<鹿児島県奄美大島産「本場奄美大島紬」機械織り>

引用:本場奄美大島紬の証明|本場奄美大島紬協同組合

同じ種類の着物であっても、上記のように染め方や織り方が異なるものがあり、証紙の違いでそれらを判別することができます。この証紙が高値での買取りに欠かせません。大島紬の場合は、手織りを示す証紙がついている着物が高値がつきます。査定の際には着物と合わせて準備しておきましょう。

 

また、有名作家が手がけた着物には、落款と呼ばれる着物の作者を示す印鑑のようなものが捺されています。加賀友禅作家の落款を以下にご紹介します。

<加賀友禅作家の落款>

引用:落款|加賀友禅|加賀友禅会館

 

着物の価値を判断する材料になるため、有名な着物作家の落款がついていれば高値での買取りが期待できます。落款は同じ作者であれば同じデザインですが、弟子が踏襲した場合、作家名は同じでも師匠と弟子ではデザインが若干変更されることがあります。落款の真偽は、経験豊富な査定士による鑑定が必要です。

呉服屋あるいは百貨店で購入した着物

百貨店や呉服店で購入した着物は社会的信用が高いため、高値での買取り対象になります。松坂屋・三越・大丸など老舗の百貨店は呉服商を起源としており、豊富な品揃えや専門知識をもった従業員が在籍していることが特徴です。店名とロゴがタグのように縫い付けられています。

 

また、数百年という長い歴史がある老舗呉服店のゑり善や、志ま亀は伝統製法を受け継いだオリジナル商品を展開しています。処分する着物のなかに、百貨店あるいは呉服店で購入した着物があるか確認してみてください。

新品・未使用の着物

汚れのある着物でも買取ってもらえることは可能ですが、やはり新品・未使用でしつけ糸がついた着物の方が高値での買取りになります。シワがない状態で保管されていることが大事です。せっかくの未使用品でも変色や虫食いがあれば、大幅に買取価格が下がってしまうため、日頃からのお手入れやたとう紙に包んで保管を徹底しておく必要があります。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物の買取相場と一言で言ってもピンキリです。大島紬や結城紬の着物などは未使用に近い状態のものを10万円で買取ってもらえるケースもあります。着物の買取価格は、着物の状態、着物のブランド価値、素材などによって大きく変動しますが、より新品に近い状態のものほど高値が付きやすいです。また、国宝作家のものや有名産地のものは高値になりやすいので、必ず証紙を付けて査定に出しましょう。

着物を高く売るためのポイント

 

着物は、もともと高価であるため、少しでも高く売りたいと考える方は多いでしょう。高く売るためのポイントは、主に5つあります。

 

  • ・保管方法に気をつける
  • ・証紙や落款を確認する
  • ・帯や小物を合わせて査定に出す
  • ・複数の着物専門買取業者に見積りを出してもらう
  • ・できるだけ早く売る

 

ここでは、着物を高く売るためのポイントをご紹介します。

保管方法に気をつける

着用後のお手入れや保管の仕方で、着物の査定額を大きく左右します。着用後はほこりをはらい、袖口やえりの汚れに気づいたら、硬く絞ったタオルで拭き取っておきましょう。その後は、陰干しをしてしっかりと乾燥させることが重要です。シワにならないよう、正しく畳んでたとう紙に包んで保管します。

 

また、しまったままにせず、定期的に虫干しも忘れずに行いましょう。日頃から保管方法に気をつけることで、着物を良い状態に保つことができ、着物を高く売ることにつながるのです。

証紙や落款を確認する

証紙や落款のついている着物が、買取りの際に高値がつく条件であることをご紹介しました。落款は着物に捺されていますが、証紙は細長い布にして付属されています。そのため、少しでも高く買い取ってもらうのであれば、証紙や落款を必ず確認してから査定に出しましょう。万一、証紙を紛失した場合は見積もりを依頼する時に相談してみてください。

帯や小物も合わせて査定に出す

着物は帯や小物を組み合わせて着用することが多いものです。そのため、他の着物には合わないこともあるでしょう。帯や小物をそれぞれ単体で買取りに出しても、材質によっては買取り不可になることも少なくありません。ただ保管していても、使わなければもったいないことです。着物の買取りでは、それらを合わせて査定に出すことで、着物の買取り額にプラスされます。

複数の着物専門買取業者に見積りを出してもらう

少しでも高く売るためには、着物の適正な価値を判別できる買取専門店数社から見積もりをとるのが基本です。見積りを比較した結果、買取価格の1番高いところに売りましょう。ただし、価格にあまり差がない時は、2番めに高い業者に価格の引き上げ交渉をしてみるのも1つの考えです。

できるだけ早めに売る

少しでも高く売るためには、処分が決まった着物や帯、小物をできるだけ早く売りましょう。着物は時間の経過による状態の劣化を防ぐ意味で、早めの売却が求められるためです。着る機会がない着物や色や柄が年齢と合わなくなってきているといった着物は、少しでも状態が良いうちに買い取ってもらうことをおすすめします。

最後に

本記事では、着物を処分する前に確認しておくべきことや正しい処分方法7選、業者に処分を依頼する際の選び方、着物の買取相場と高値がつく条件、高く売るためのポイントも合わせてご紹介しました。着物には処分するタイミングがあり、自治体のごみとして廃棄する方法から売却処分までさまざまな方法があります。売却を検討するのであれば、本記事で紹介した業者の選び方や高く売るためのポイントを押さえて、古物商許可のある着物専門買取店で見積りを依頼することから始めてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人

着物買取のてびき編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取のてびき」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...