着物の種類を完全解説|TPOや格に合った選び方から織りと染めの違いによる生地・帯の種類まで

TOP

> 着物の種類を完全解説|TPOや格に合った選び方から織りと染めの違いによる生地・帯の種類まで

 

着物の種類は、TPOや格によって選び方に違いがあります。着物のルールをよく知らないという方も案外多いようです。そこで、TPOや格に合った着物の種類や着物を格づける要素、織り方や染め方の違いによる生地の種類、具体的な着物や帯の種類、高級な着物の共通点について解説します。

着物の種類はTPOや格に合った選び方が必要

 

着物にはさまざまな種類があるものの、基本的に同じ形をしています。このことが、着物の選び方を分かりにくくしているようです。実際に、着物はTPOや格に合わせて正しく選ぶ必要があります。ここでは、着物の格とともにTPOに合わせた着物の種類を解説します。

着物の種類には格がある

着物の種類はTPOに応じて、どのような立場で着るのかを考えなくてはいけません。その際に、フォーマルもしくはインフォーマルかを基準に考えると、選ぶべき着物の種類が理解しやすくなります。

 

着物の格とは、着る時や場所、目的に対する基準のことで、格の高い順に着物の種類は「礼装着」「準礼装着」「盛装」「普段着」の4つに分けられます。TPOに合わせた着物の着こなしを楽しむうえで、知っておきたい重要な知識です。

礼装着

最も格の高い着物のことで、冠婚葬祭などの儀式や式典で着用します。礼装着の種類は、既婚女性は黒留袖、未婚女性は本振袖(袖丈約120cm)、弔事の際に着用する喪服の4つのみです。また、結婚式で新婦が着る婚礼衣装にも格があり、なかでも打掛から掛下、帯や小物まで白で統一した白無垢が最も格が高い礼装です。披露宴やお色直しで着用する色打掛は白無垢と同格になります。

準礼装着

礼装着のように正式ではないものの、礼儀を尽くした装いが準礼装着です。披露宴や入学式、卒業式などのフォーマルな場で着用します。慶事では、未婚女性は振袖、色留袖や訪問着、付下げ、小紋、色無地であれば既婚・未婚の区別はありません。なかでも訪問着が多く用いられ、色留袖に近い格になるものから、おしゃれ着に近いものまで幅広いため、目的に合わせて選びましょう。弔事は色喪服を着用し、濃紺や藤色といった落ち着いた色を選ぶようにします。

盛装

パーティーや観劇といったイベントで着用する華やかな着物を指します。格があるものからおしゃれ着として楽しめるものまで幅広く適用できる着物です。紋の入っていない付下げや訪問着、色無地が該当します。紋が入ることで格が高くなるため、幅広いシーンで着用するには無紋の着物が重宝です。これに対して、普段着に挙げられる小紋は、柄の配置によって格が高くなり、盛装には江戸小紋を選べば間違いありません。

普段着

ちょっとしたお出かけに適した着物のことです。友人との食事会やお稽古事、花火大会やお祭りなどのカジュアルな場面で着用します。普段着で楽しむことが多い紬ですが、訪問着の紬は格が高くなり、ややあらたまった場面で着用できます。ほかには、小紋やお召、浴衣が分類されます。木綿やウール、麻を素材とした着物であれば、普段着として着用できるものが多いです。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物は着る時期、着ていく場所、着る場面をしっかり把握した上で選ばなくてはいけません。それは結婚式にジーンズ姿で出席するのがマナー違反なのと同じで、場面や場所に合わせて相応しい着こなしをすることが着物にも求められるからです。場面に応じて相応しい着物を選ぶ上でも着物や帯の格、種類を知っておくことは大切です。

着物を格づける要素

 

ここまで、TPOや格に合った着物の種類についてご紹介しました。フォーマルもしくはインフォーマルかを決定する着物の格は、さまざまな要素で決定されるのです。ここでは、着物を格づける主な要素となる紋の数や絵羽(えば)模様、織りと染め、文様について解説します。

紋の数による格

紋の数が多いほど格が高くなります。背縫い・両後ろ袖・両胸に紋を入れる五つ紋が最高となり、三つ紋、一つ紋と続きます。ただし、どの種類の着物にも五つ紋がつけられるわけではありません。黒留袖と喪服の2種類のみです。日本人が結婚式やお葬式を重要な儀式と考えていたことの現れともいえます。そのほか、一般的に色留袖は背縫い・両後ろ袖に3つ、訪問着や付下げ、色無地には背縫いに1つの紋がつきます。

絵羽模様による格

絵羽模様とは、縫い目にまたがってついている模様のことで、格の高い礼装着および盛装に用いられます。反物の状態に模様づけをするのではなく、着物の形をしたキャンパスに見立てて、縫い目をまたがって絵を描いていくのです。

 

黒留袖や色留袖では、裾模様(すそもよう)といって、上半身に模様をつけず、腰から下部分に模様を配置します。訪問着や振袖は、着物全体に模様があり総模様と呼ばれています。1枚の絵画として成立する構図になっていれば、格の高い着物と考えてよいでしょう。

織りと染めによる格

着物の織りと染めも格づけの要素になります。白生地に色や柄を染めるのが「染めの着物」です。対して、糸を染めてから織り上げる着物を「織りの着物」と呼びます。染めの着物は織りの着物よりも格が高く、普段着にはほとんど用いられないことが特徴です。留袖、訪問着、付下げ、小紋、色無地が該当します。これらの着物は、美しい色合いや華やかな柄が魅力です。織りの着物は、紬や木綿、麻、ウールなど普段着向けのものが多く、大島紬や結城紬のように高価でおしゃれな普段着といえます。

 

参考文献:滝沢 静江著『着物の織りと染めがわかる事典』日本実業出版社

文様による格

柄も着物の格づけに影響を与えます。格が高いとされるのは、打掛や留袖、振袖、訪問着などに描かれる伝統的な古典文様です。ここでは、格式ある柄の吉祥文様(きっしょう)、有職文様(ゆうそく)、御所解文様(ごしょどき)をご紹介します。

吉祥文様

めでたいことを意味し、縁起の良い幸福のしるしとして用いられる文様です。代表的な文様には、「鶴は千年、亀は万年」といわれるように長寿の象徴である「鶴亀」「菊」、おめでたいとされる「松竹梅」「鳳凰」「熨斗(のし)」「宝船」、梅、蘭、竹、菊の花が揃った「四君子」などがあります。

有職文様

平安貴族の装束に用いられ、格調高く重厚な趣きがある文様です。同じ文様を前後左右に連続させ規則的に繰り返した幾何学模様になっています。代表的な文様には、円形で構成させた七宝文様、六角形をつなげた亀甲文様、平行線が交わった菱文様があります。

御所解文様

江戸時代後期に高位の御殿女中に好まれた文様で、柄は源氏物語といった平安文学や能楽をモチーフにしたものもあります。山や川、月、御所車など有形のものだけでなく、霞や雨、流水までをも図案化し描かれていることが特徴です。また、四季折々に咲く草木、実際に存在する動物から龍や鳳凰のような空想上の生き物も組み合わせられています。

 

参考文献:藤井健三著『格と季節がひと目でわかる きものの文様』世界文化社

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物の格は正装か、それに近いかどうかで判断します。第一礼装と呼ばれる黒留袖や振袖が最も格の高い着物に位置し、次いで準礼装の色留袖(三つ紋、一つ紋)、訪問着、付下げ、色無地と続きます。以上がいわゆるフォーマルな着物として位置付けられます。カジュアルな着物は、洒落着や外出着としての小紋、普段着としての浴衣や紬があります。

この区分は一般的なものになりますが、他にも紋の数で判断したり、織り染めで判断したり、文様で判断したりすることがあります。紋の数は五つ紋が最も格の高いものと知られ、次いで三つ紋、一つ紋と、紋の数が減れば格も下がります。文様も格調高い正倉院文様や吉祥文様などは結婚式などの場にも相応しいものとして知られています。

着物の種類

 

着物には格があり、格づける要素には主に紋の数や絵羽(えば)模様、織りと染め、文様があることを踏まえて、どのような着物があるのか確認しましょう。ここでは、着物を選ぶ際に知っておくべき主な着物の種類について解説します。

打掛

花嫁の式服として用いられる白無垢(白打掛)や色打掛のことです。室町時代から女性の礼服として着られるようになり、江戸時代には大奥における高位の女官や公家の女性が日常的に着用していました。婚礼衣装として着用するようになったのは江戸後期からです。

 

白無垢の白は神聖な儀式で身につける色とされ、生地には織り方や刺繍で松竹梅、鳳凰、御所車など縁起の良い文様が施されているものもあります。色打掛は、鮮やかな色合いが特徴で、金銀糸や刺繍がほどこされるなど豪華さが際立ちます。

留袖

留袖は、振袖の袖を縫い留めて短くした着物のことで、黒留袖と色留袖の2種類があります。どちらも結婚式をはじめとした慶事で着るのに適した着物です。色の違い以外にどのような違いがあるのか確認してみてください。

黒留袖

既婚女性の五つ紋が入った礼装着です。裾に絵羽模様を配し、縁起の良い吉祥文様が染められています。文様の面積が大きいほど若い方向けとされ、年齢によって文様やその色合いを選び分けることが大切です。

色留袖

既婚未婚問わず着用できる礼装着です。一般的に紋は三つ紋か五つ紋ですが、紋を減らすことで黒留袖に比べて着用シーンが広がります。ただし、紋が1つであっても日常着や街着としては不向きで、あくまでもあらたまったシーンで着用しなければいけません。

振袖

未婚女性の礼装着で、通常は紋をつけません。袖丈の長さによって小振袖・中振袖・大振袖(本振袖)に分けられ、袖丈が長いほど格式が高いとされています。絵羽模様は総模様と裾模様があり、吉祥文様が選ばれることが多いです。

 

振袖には、娘の幸せを願う親の思いが込められているためといわれています。最近では、形式にとらわれずに洋風の柄や市松模様などのモダンな柄が好まれる傾向にあります。

訪問着

既婚未婚問わず着用できる準礼装着です。留袖が裾に模様が入っているのと比べ、絵羽模様は総模様になるため、華やかさがあります。一つ紋をつけることで黒留袖や色留袖に次ぐ準礼装着になり、紋をつけず盛装とすることもできることから、用途が広いだけにTPOに適した着こなしが求められます。

小紋

小紋は、型紙を用いた型染めという技法で染められた着物です。種類によって盛装もしくは日常着として使い分けることが可能です。柄の大きさや数、色によって大きく分けると、江戸小紋、京小紋、加賀小紋の3種類があります。ここでは、3種類の小紋について解説します。

江戸小紋

型染めの小紋のなかで、最も格が高い染め技法で作られた着物です。無地に見えるほどの細かい幾何学文様で埋めつくされ、絹100%で単色染めの糸で織られています。武家の礼装着「裃(かみしも)」に小紋が用いられたことを起源とし、浮世絵にも小紋を着た女性が登場しています。小紋の格は基本的に盛装になるのですが、江戸小紋の場合は一つ紋を入れることで格が上がり略礼装になります。

京小紋

型染めと京友禅の技術を活かした技法で作られた着物です。数種類の型紙を使って染めることで、単色から多色へ変化し、多彩な色使いが可能になりました。江戸小紋に比べて、やや大きめの柄と華やかな色合いが特徴です。式典のようなフォーマルな場面には不向きですが、友人との食事会やお稽古ごとなどにおしゃれ着として楽しむことができます。

加賀小紋

京小紋の影響を受けて、加賀友禅の技法を用いて作られた着物です。加賀大名における裃の定め柄である「菊菱」が発展したものといわれています。手描き友禅と型友禅という2種類あり、ぼかしの技法と加賀五彩(藍色、古代紫、草色、黄土色、えんじ色)を基調としていることが特徴です。京小紋と同じくおしゃれ着として楽しむことができます。

喪服

喪服には黒喪服と色喪服の2種類があります。あくまでも、喪にふさわしい着物を選びますが、地域の慣習やご家族の考え方に合わせて、喪服の格を判断することも重要です。ここでは、黒喪服と色喪服について解説します。

黒喪服

未婚・既婚を問わず着用できる弔事の礼装着で、地紋の入っていない無地に必ず五つ紋を入れます。黒羽二重もしくは黒縮緬(ちりめん)が使われ、光沢のない黒一色の生地が用いられます。喪服で最も格が高くなるのは、黒喪服に黒喪帯の組み合わせです。また、グレーや紫などの地色に、「蓮華文、般若心経文」などの地紋が入った色喪帯を組み合わせて簡略化することもできます。正式もしくは略式にするかは、喪服を着用する際に必要とされる喪服の格で判断しましょう。

色喪服

黒喪服より格が下になり、準礼装着です。三つ紋または一つ紋をつけた色喪服を着用します。色無地に五つ紋をつけると、黒喪服に色喪帯の組み合わせと同格になります。光沢のない寒色系の色に、雲取りや流水などの文様を選びましょう。色無地は黒の喪服帯を組み合わせることで色喪服となり、金銀糸を使った帯では慶事用となって便利なものです。

付下げ

訪問着の絵羽を簡略化した着物のことで、訪問着に次ぐ格の染めの着物です。付下げは、基本的に衿(えり)と身頃の文様が縫い目でつながっていません。この絵羽模様がないことによって、訪問着と区別することができます。また、付下げでありながら縫い目でつながるように改善したものが付下げ訪問着です。準礼装着としてフォーマルな場所から、気軽なおしゃれ着としてもさまざまなシーンで楽しめます。

 

参考:きものの種類|(公財)京都和装産業振興財団 

織り方の違いによる着物生地17種類

 

着物の生地にはさまざまな種類があり、織り方の違いによって特徴があります。ここでは、まず基本の織り方である平織・綾織・繻子織に綟り組織を加えた四原組織について説明し、これらの織り方の違いによる代表的な17種類の着物生地についてご紹介します。

基本の織り方

着物の生地は、経糸(たて)と緯糸(よこ)を通していくことで作られます。基本の織り方には三原組織と呼ばれる平織(ひらおり)・綾織(あやおり)・繻子織(しゅすおり)の3種類があり、近年では綟り織(もじりおり)を加えて四原組織ということもあります。糸の素材や太さと織り方の違いによって、生地の見た目や、風合いといった特徴を生み出すのです。

平織

経糸と緯糸を1本ずつ交互に浮き沈みさせる織り方で、基本の織り方のうち最も単純な仕組みです。糸が交差する点が多いため、硬くハリのある丈夫な生地に織り上がります。これらの特徴から縮緬、羽二重、紬、銘仙、お召しなどの着物に用いられています。さらに、経糸と緯糸を2本もしくはそれ以上の本数を束にした平織を斜子織(ななこおり)と呼び、厚地の織物として羽織や帯の生地に用いられます。

綾織

経糸が2本もしくは3本の緯糸の上を通した後、1本の緯糸の下をくぐらせることを繰り返す織り方です。表面には斜めに向かって配列されるため、緻密な織り目が連続し、斜文織りとも呼ばれます。平織に比べて強さは劣りますが伸縮性があり、しなやかでシワになりにくい特徴があります。綾羽二重、たつみ綾など名称に「綾」がついている着物は綾織です。

繻子織

経糸と緯糸が5本以上から構成され、経糸または緯糸を長く浮かせた織り方です。他の織り方に比べて経糸や緯糸の数が多いため、なめらかで光沢があることが特徴です。表面に経糸が多く出ているものを経繻子(表繻子)、対して緯糸が多く出ているものを緯繻子(裏繻子)と呼ばれます。

 

また、糸の数によって5枚繻子、8枚繻子にも分けられます。染めると華やかに発色することから、振袖や訪問着、色留といったフォーマルな着物生地に用いられることが多いです。

綟り織

2本の糸をもじった経糸と隣り合う経糸を絡ませる織り方です。もじることでハリのある質感と立体感のある生地に織り上がります。目が粗くなり表面に透けた空隙が生じるため、通気性にすぐれ、特に斜め方向の伸びが良いことが特徴です。津綟子(つもじ:三重県津市安濃地域周辺の織物)、夏に着用する薄物の紗(しゃ)、絽(ろ)、羅(ら)の着物に用いられています。

紋意匠

紋意匠(もんいしょう)は、緯糸を二重にして、地紋(織で表現した模様)が浮き出る縮緬(ちりめん)生地のことです。無地染めやぼかし染めの生地として用いられ、染めると地紋が引き立ちます。軽くて肌触りがよく、色留袖や訪問着、小紋などの生地として用いられます。紋意匠の着物は、礼装着から普段着までさまざまなシーンに着用できます。

縮緬

縮緬は、撚りのない経糸と緯糸に右回りと左回りに撚られた2種類の緯糸を交互に織り込まれた生地のことです。セリシン(膠質)や汚れを洗い流す「精錬」を行うことで、生地が縮んで、表面に縮緬独特のシボが現れます。もともと絹で作られた糸を使いますが、経糸に絹糸・緯糸に綿糸を使う綿縮緬やポリエステルやレーヨンでも織られています。秋から春先まで着られる着物の生地として幅広く使われています。

一越

一越(ひとこし)は、経糸に撚りのない糸を使い、緯糸を左右交互に撚りをかけながら、1本ずつ打ち込んで織り上げた縮緬生地のことです。一般的な縮緬は、経糸に生糸を、緯糸に撚糸を2本ずつ打ち込むのに対し、一越は緯糸に撚糸を1本ずつしか打ち込みません。シボ(表面の凹凸部分)が非常に細かく、留袖、訪問着といった格の高い着物に多く使われます。京都の丹後ちりめんや滋賀の浜ちりめん、新潟の越後ちりめんが有名です。

羽二重

羽二重(はぶたえ)は、撚りのない経糸・緯糸を使い平織で織られる白生地のことで、特に絹で織られたものを光絹(こうきぬ)と呼びます。細い経糸を2本使って織るため、なめらかな肌ざわりに加えて、絹独特の光沢感が特徴です。礼装着の留袖や喪服などにも使われます。薄手に織られたものは着物の裏地にも使われ、裏地としては最高級品です。

綸子

綸子(りんず)は、経糸・緯糸ともに撚りのない糸を使い、繻子織で織り上げられた生地のことです。生地には地紋があり、肌ざわりは柔らかくなめらかで、強い光沢感が特徴です。

生地が薄いため、季節の変わり目に着る単衣(ひとえ:1枚の生地で仕立てた着物)の着物に使われています。打掛や振袖、訪問着といった礼装着に使われますが、光沢感が強いことから、黒留袖や喪服には利用しません。

緞子

緞子(どんす)は、あらかじめ染色した糸を使い、経糸や緯糸の色を変えて多色の模様を織り出す繻子織の高級織物です。 一般的には、経糸と緯糸を5本ずつ使う5枚繻子で織り上げます。金箔や金糸を使って地と模様を織り出すため、厚手で重量感があり、なおかつ華やかな印象になります。打掛とその帯、礼装用の帯に使われ、最高級の生地です。

紬(つむぎ)は、繭を綿状にして糸を紡いだ紬糸を染色し、平織りした生地を指します。多くは絹糸で作られ、絹独特の光沢感が出ることが特徴です。結城紬のように綿で作られるものもあります。耐久性に優れていることから、古くから普段着として使われていました。そのため、たとえ高額な紬であっても、格式を重んじる場所には不向きです。紬の訪問着など、あくまでもおしゃれ着として人気があります。

銘仙

銘仙(めいせん)は、平織の絹織物です。通常の平織りでは、経糸と緯糸を交互に組み合わせて織られますが、あえてずらしながら織ることで、全体にぼやけたような優しい色合いに仕上がります。大胆な色使いと大きめの柄模様が特徴的で、アンティーク着物と呼ばれることもあります。名古屋帯や洒落袋帯に合わせて、カジュアルな普段着として楽しむ着物です。

絽(ろ)は、平織に綟り織を等間隔で織り込んで織られる生地です。透け感のある生地が特徴で、平織部分の緯糸の本数により、三本絽、五本絽、七本絽、九本絽に分けられ、緯糸の本数が多くなるにつれて、透け感が少なくなります。黒留袖や訪問着など礼装着に使われる格高の生地ですが、付下げや小紋に仕立てて普段着としても用いられています。

紗(しゃ)は綟織りで織られ、絽と同じく夏用の着物生地です。1本の緯糸に対して強く撚った縦糸を2本ずつ絡ませて織り上げたもので、全体的に透け感があります。また、無地の紗に平織で紋様を織り上げたものを紋紗と呼びます。二重紗のように生地を重ね合わせて、無地の紗に紋様を透かせることで、涼やかにおしゃれ感をかもし出すことも可能です。特に暑い7月から8月に用いられ、あくまでも普段のおしゃれ着として着用されます。

羅(ら)は、経糸4本1組にして複雑にからませ、その間を真っ直ぐに緯糸が通るといった綟織りのなかでは最も古くからある織り方です。その複雑さから室町時代に途絶えたものの、昭和になり本格的に復元した人間国宝の北村武資氏が有名です。特徴的なひし形模様が編み物のような風合いになります。特に暑い7月から8月に用いられ、普段のおしゃれ着として着用されます。

お召

お召(おめし)とは「御召縮緬」の略で、経・緯糸とも強く撚られた先染めの糸で織り上げた平織の生地です。徳川11代将軍の家斉が好んでお召しになったことから、「お召」と名付けられました。生地表面のシボが大きく際立っていることが特徴です。お召の付け下げ訪問着や無地は礼装着として、絣(かすり)お召や縞(しま)お召は、普段のおしゃれ着として着用されます。

縮み

縮(ちぢみ)は、撚りの強い緯糸で織る平織りの生地です。原料は麻や木綿、絹などさまざまな種類があり、生地を精錬することで全体にシボが生まれます。縮みの有名なものには、小千谷縮(新潟県)、能登縮(石川県)、明石縮(兵庫県)などがあります。夏のおしゃれ着としても浴衣としても着用されます。

絣(かすり)は、あらかじめ染め分けた糸を経糸と緯糸に用いて、平織もしくは綾織や繻子織で織り上げた生地です。絣柄は十字や幾何学模様のほかに絵柄があり、絣柄は細かいほど価値が高いと評価されます。十日町絣(新潟県)、備後絣(広島県)、作州絣(岡山県)などが絣の有名です。普段着として親しまれています。

上布

上布(じょうふ)は、苧麻(ちょま:イラクサ科の多年草)や大麻から手紡ぎした細い麻糸を平織して織られた上等な麻布のことです。絹のような光沢と麻ならではのさわやかな肌ざわりを特徴とした上質の高級生地です。特に暑い7月から8月のおしゃれ着に用いられています。上布の種類は越後上布(新潟県)や近江上布(滋賀県)、能登上布(石川県)が有名です。

ウール

ウールは、羊の毛から作られる生地のことです。ウール100%やシルクウールという絹との混紡もあり、平織などで織り上げられます。丈夫で暖かく、さらっとした肌ざわりが特徴です。生地の厚さにもよりますが、夏を除く3シーズンの着用が可能です。普段着はもちろん羽織とセットで外出着としても用いられています。八王子ウール(東京)、尾州ウール(愛知県)が有名です。

化繊(ポリエステル)

ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物も多く着られています。天然染料には出せない鮮やかな色合いがあり、天然繊維のように紫外線による変色もありません。また、しわになりにくく、家庭で洗濯できるといった便利さも人気です。絹のような質感がある高級品も作られるようになり、普段着をはじめ、フォーマルなシーンでも着用されています。

 

参考:「染と織」地域別辞典|一般社団法人民族衣裳文化普及協会 

監修者コメント

ナヴィカス祐木

着物の織り方にも色々ありますが、基本は平織、綾織、繻子織の三種になります。繻子織は特に光沢があり、滑らかな仕上がりになるため振袖などのフォーマルな着物に用いられることが多いです。洋服であればサテン生地が分かりやすいでしょう。サテン生地も繻子織を用いています。他にも縮織から縮緬などが生み出されていますが、作られる産地や技法によってシボの風合いが異なってくることから、丹後ちりめんなど産地名付きで区別されることが多いです。

 

記事では代表的な、紋意匠、縮緬、一越、羽二重、綸子、緞子、紬、銘仙、絽、紗、羅、お召、縮、絣、上布、ウール、ポリが紹介されていましたが、この限りではありません。産地や技法によってさらに細かく分類されているということは覚えておきましょう。

帯の染めと織りを知って選ぶ必要がある

 

着物が染めと織りで格づけされるように、帯の格式も染めと織りに影響されます。帯の場合は着物とは違って、織り帯の方が格高になります。白生地に色柄を染めるのが「染め帯」で、肌触りが柔らかく控えめな印象です。織り帯は、糸を染めてから織り方で文様を表現したもので、金糸・銀糸や色糸を用いた刺繍がほどこされることが多く豪華になります。そのため、金糸や銀糸、多彩な色糸、金箔などが使われた織り帯の格が高くなるのです。

 

帯の格は丸帯が最も高く、次いで袋帯、しゃれ袋帯、名古屋帯と続きます。着物の組み合わせは「染めの着物に織りの帯」といわれますが、分かりやすくいえば、普段着であるウールに袋帯など豪華な織り帯を使わないという意味です。染め帯であっても伝統的な文様に金銀が織り込まれていると、織り帯よりも格が高くなることもあります。帯の格を意識しながら、帯の種類を選ぶようにしましょう。

監修者コメント

ナヴィカス祐木

格の高い着物は染めの着物になりますが、格の高い帯は織りの帯になります。まずは、ここをしっかり押さえておきましょう。織り帯は金銀錦の煌めく糸で紡ぎ出される文様が実に豪華で、見るからに格調の高さがうかがえます。

対する染めの帯は、同じ金銀が用いられていてもどこか控えめで、落ち着いた印象を与えます。訪問や留袖などの格調高い着物に合わせる帯は袋帯になりますが、元々格調高い着物に合わせるための帯ということもあり、ほとんどが織りの帯になっています。逆に小紋や紬に合わせる名古屋帯は染めの帯が多いです。

着物を着るときに締める帯の種類

 

着物はTPOや格に合わせて正しく選ぶ必要があります。同時に、着物にふさわしい帯も選ばなければいけません。実は、帯にも格があり、着物を着る時に締める帯は決まっているのです。ここでは、帯の種類やどのような着物に合わせるのが正しいのかを解説します。

丸帯

幅広く織った帯地を2つに丸く折って、芯を入れて仕立てた帯のことです。表にも裏にも全てに柄が入っているため、どのように結んでも見栄えがします。錦織(にしきおり)や金襴(きんらん)、緞子(どんす)などで織られ、婚礼衣装の白無垢や色打掛に使われる最も格の高い帯です。また、舞妓さんの長く後ろに帯を垂れ下がるように結ばれている帯も丸帯です。

袋帯

表と裏に別の生地を使って、袋状に織られた帯のことです。金糸や銀糸を多く使った格の高い織り帯は、振袖、留袖、訪問着などの礼装着もしくは準礼装着に用いられます。そうでない染め帯は「しゃれ袋帯」と呼ばれ、小紋や紬、付下げ、色無地に合わせます。袋帯は二重太鼓や飾り結びなど結び方を楽しめるため、フォーマルからインフォーマルまで幅広い用途がある帯です。

九寸名古屋帯

名古屋帯は、九寸名古屋帯と八寸名古屋帯の2種類に大別されます。一般的に名古屋帯と呼ばれるのは、九寸名古屋帯のことです。仕立てる前の帯幅が9寸で、この帯幅が名前の由来です。袋帯の簡易帯として考案された名古屋帯は、素材や色柄が多彩で、訪問着や付下げ、色無地などに合わせることができます。金銀の糸や刺繍がある華やかな九寸帯であれば、小紋の着物を格上げしたりもできます。

八寸名古屋帯

仕立て上がった帯の幅が八寸である名古屋帯のことです。帯芯を入れず、着用時に半分に折って締めます。八寸帯は九寸帯よりも格下となるため、小紋や紬に合わせることが多いです。ただし、金銀の糸が入った格調の高い八寸帯は別格になり、訪問着に合わせることも可能です。素材や色柄によって着物の種類との組み合わせが広がっていくのが、名古屋帯の大きな魅力でしょう。

腹合わせ帯

同じ寸法の異なる生地2枚を合わせて、仕立てた帯のことです。帯の表裏両面を使えることが特徴です。もともと、黒天鵞絨(くろビロード)と白繻子(しろしゅす)の反対色を用いていたことから、昼夜帯や鯨帯とも呼ばれます。主に普段着の着物と組み合わせます。

半幅帯

通常の帯地の半分の幅で仕立てた帯のことです。普段着の着物や浴衣に組み合わせることの多い帯ですが、袋状に織られたものであればちょっとしたお出かけにも着用できます。結び方の工夫がしやすく飾り結びも可能で、手軽な帯ながら季節を選ばず使える便利な帯です。

掛下帯

打掛の下にきる掛下に締める帯が掛下帯(かけしたおび)です。白綸子を帯地にした丸帯で、一般の帯より幅や長さが短く、振袖の帯結びである文庫(ぶんこ)に結びます。現在では婚礼衣裳にのみ使用されており、格式のある場での礼装着には袋帯を使用するのが一般的です。

 

参考:帯の種類|小林豊子きもの学院

高級な着物の共通点

 

着物は、比較的お手頃な価格から100万円を超えるものまで、幅広い価格帯で販売されています。高級な着物ほど価格が高いことも確かなことで、なぜ高くなるのかを知っておくことも大切です。

高級な着物には主に以下のような共通点があります。

 

  • ・格が高い着物
  • ・絹で織られている
  • ・手染めである
  • ・高い技術で作られている
  • ・証紙がついている

 

ここでは、高級な着物にみられる5つの共通点について解説します。

格が高い着物

一般的に、着物の格が高いほど高級な着物といえます。礼装着や準礼装着はフォーマルなシーンで着用するため、普段着の着物より高級になるのです。さらに、紋がついていないものよりも一つ紋、三つ紋、五つ紋と数が増えるごとに格が上がります。また、白生地に絵を描き装飾された絵羽が配されたもの、その際に伝統の古典的な文様が用いられていることも共通しています。

絹で織られている

高級な着物には、天然素材の絹・木綿・麻で織られた生地が使われています。なかでも上質な絹100%の正絹の着物が最も高級とされます。そもそも着物1枚に3000もの繭が必要で、大量生産できない素材であることが高級といわれる理由です。

手染めである

手染めの着物も高級な着物に共通しています。機械染めのように簡単にプリントできて大量生産が可能なものは、どうしても価格が安くなりがちです。職人による手染めは、手間もかかり、染める回数が増えるにしたがって美しい仕上がりになり高級となります。

高い技術で作られている

高級な着物は、高い技術をもった職人によって、手間と時間をかけて作られています。着物は分業制で作られることも多く、それぞれの工程に高い技術が要求されるのです。たとえば、大島紬の泥染めや経緯絣(たてよこがすり)や友禅の糸目糊置(いとめのりおき)など伝統的な高い技術によって、工芸品あるいは美術品と評価される高級な着物となります。

証紙がついている

高級な着物には証紙がついている場合があることも共通点です。証紙とは、産地ごとに定められた検査基準をクリアしたものに与えられる産地の証明と品質の証です。産地の組合が発行し、絹100%であるか、機械織りか手織りか、どのような染め方をしているかなどが記載されています。そのため、証紙がついていれば間違いなく高級な着物といえるのです。

最後に

本記事では、TPOや格に合った着物の種類や着物を格づける要素、織り方や染め方の違いによる生地の種類、具体的な着物や帯の種類、高級な着物の共通点について解説しました。着物には礼装着から普段着まで4つの格があり、主に紋の数や絵羽模様、織りと染め、文様から格づけられています。さらに、さまざまな織り方によって織られた生地によって、さまざまな着物の種類が作られています。着物はもちろん帯の種類を知っておくことも大切です。

 

着物の格というと堅苦しく感じてしまいがちですが、着物を着る際にはTPOに合った着物を選ぶことが最も重要なポイントですから、理解を深めておきましょう。

 

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...