紬の種類|特徴や産地別の紬からコーディネート仕方・見分け方まで解説

TOP

> 紬の種類|特徴や産地別の紬からコーディネート仕方・見分け方まで解説

 

紬の種類といえば、大島紬や結城紬が有名ですが、全国各地でさまざまな紬が織られています。同じように見えても、産地ごとに特徴があります。本記事では、紬の特徴や産地別の種類から、着用シーン、コーディネートの仕方、種類の見分け方まで解説します。

 

紬の格と特徴

 

紬は、着物愛好家の方々に親しまれている着物のひとつです。実際に、紬の名前を聞いたことがある方も多いでしょう。ここでは、はじめて紬を着る方に向けて、紬とはどのような着物なのか、紬着物の格や素材の特徴など基礎的な知識について解説します。

 

着物の格は普段着に位置づけられる

 

紬の着物は、気軽なお出かけに着用する普段着としての装いです。着物の格は、着用する場所の格式によって決められています。「式」と名のつく格式の高い場所には、格式に見合ったふさわしい装いが求められるのです。

 

紬が普段の着物に位置づけられる理由は、かつて生糸が採れない屑繭からつむいだ糸を使い、野良着として織られていたことによります。ゆえに、華やかさというよりは、控えめでカジュアルな印象がありました。近年、光沢感のある紬や着物作家が手がける紬など高級なものも少なくありません。あくまでも、日常のワンシーンで、おしゃれをしたい場所に着ていく着物といえます。

 

絹糸で織られている

 

紬は、蚕の繭から取り出した糸で作られる絹織物の一種です。絹糸は取り出す方法によって、紬糸と生糸に区別されます。多くの紬は紬糸を使っていますが、生糸のみで織られる紬もあります。また、経糸(たていと)には生糸・緯糸(よこいと)に紬糸とミックスさせる紬もあり、産地によってさまざまです。ここでは、紬糸と生糸について解説しますので、確認してみてください。

 

紬糸

紬糸とは、生糸を採ることができない屑繭や玉繭(2頭以上の蚕が一つの繭を作ったもの)を原料とし、蚕の繭を引き伸ばし真綿状にしてから指で撚りながらつむいでいました。太さが均一ではないため、糸が複雑に絡んで節の多い糸になり、玉糸もしくは節糸と呼ばれています。現在は、良質の繭で紬糸が作られています。一般に、ふっくらとした風合いがあれば、紬糸で織られた紬です。

 

生糸

 

生糸は、蚕が吐いた細い糸を複数に束ねて紡いでいきます。切れ目のない糸を撚り合わせるため、節がなく、しなやかで光沢のある糸になります。生糸だけで織られている生地が正絹です。なめらかな風合いのものは、生糸で織られた紬といえます。

 

参考文献:『きもの3枚から始める!着こなし便利帖』もりたもとこ監修 世界文化社

 

生糸で織られる紬の一例

 

大島紬は、今でこそ生糸を使っていますが、もとは紬糸を使っていました。明治時代に地機から高機へ織機の改良によって、玉糸が使われるようになります。その後、1907年には絣染織が考案されたことで、より精密な絣柄が作り出され、より染めやすい生糸が使われるようになったのです。

 

参考文献:茂野幽考著『大島紬の歴史』南日本出版文化協会

 

紬は糸の状態で染色する先染めが基本

 

糸を染めてから織り上げることを先染め、糸を染めず白生地を織ってから柄を染めることを後染めといいます。紬といえば、本来は色染めした絹糸から柄を織り出した先染めの織物です。しかし、後染めの紬も作られるようになりました。白生地を色無地に染めたり、手描きや型染めによって柄をほどこして、訪問着や付け下げ、小紋に仕立てられています。

 

参考文献:『家庭画報特選 決定版 きものに強くなる』‎世界文化社

 

代表的な紬の種類

紬と聞くと、大島紬や結城紬を思い浮かべる方が多いでしょう。そのほかにも、全国各地で織られており、産地によって糸のつむぎ方、染料、織り方が異なり、さまざまな種類があります。ここでは、日本の代表的な紬の種類をご紹介します。

 

鹿児島県奄美大島・宮崎県「大島紬」

 

大島紬は、鹿児島県奄美大島を発祥とし、奄美大島、鹿児島市周辺、宮城県都城市で生産されている紬です。泥大島・泥藍大島・草木泥染大島・白大島・色大島などの種類があります。生糸を使用しているため、光沢があり、なめらかな肌ざわりです。

 

大島紬の特徴は、独特の泥染めと締機(しめばた)を使うことにあります。絣柄は、手で糸をくくらず、締機を使い、絣部分を木綿糸で締めて、絣むしろを作ります。織り上げた絣むしろをテーチ木(車輪梅:バラ科の常緑樹)染めと泥田の泥染めを交互に繰り返して、独特の黒褐色が生み出されるのです。

 

茨城県・栃木県「結城紬」

 

結城紬は、茨城県結城市を中心に、茨城県と栃木県にまたがる鬼怒川流域で生産されている紬です。糸で織るため、ふわっとした肌触りがあり、保温性に優れていることが特徴です。

 

絣柄の鮮明さは、絣くくりという作業の良し悪しで決まるといわれています。一反の結城紬ができるまでに、数万回から10万回の糸をくくる必要があり、絣の大きさに応じて、糸を巻く回数や糸の太さを変えています。絣くくりで染めた糸を最古の手織り機である地機(じばた)で織ります。加減を加えながら織ることで、糸味を活かしたざっくりとした風合いが表現されるといえます。

 

石川県「牛首紬」

 

牛首紬は、石川県白山市白峰周辺(旧牛首村)で生産されている紬です。釘に引っ掛けても破れないばかりか、釘のほうが抜けるほど丈夫なため、釘抜紬とも呼ばれています。

 

 牛首紬の特徴は、2頭の蚕が作った玉繭から引き上げた玉糸を緯糸に使っていることです。2本の糸が取り出せ、節のある太い玉糸ができます。染色は糸の段階で草木染めしますが、白生地も織られていて、主に京都で染め加工が施されます。

 

新潟県「塩沢紬」

 

塩沢紬は、南魚沼市周辺(旧塩沢町、旧六日町)で生産されている紬です。経糸に生糸や玉糸を用い、緯糸に紬糸を使用します。薄手で、さらさらとした風合いがあります。

 

蚊絣と呼ばれる十字絣や亀甲絣などの細かな絣が集まって、1つの大きな柄を構成しています。絣作りは、製図に沿って糸に墨で印をつけ、その印に綿糸を縛っていく「手くくり」や竹へらで染料を摺り込ませていく「手摺込み」によって行われます。色は、藍、黒、白を基調とした渋い色合いが多いです。

 

山形県「置賜紬」

 

置賜紬(おいたまつむぎ)は、山形県南部の置賜地方で生産される紬の総称です。米沢紬、長井紬、白鷹紬、紅花紬があり、1976年に置賜紬という名前に統一されました。

 

米沢紬

 

米沢紬は、米沢地方で生産される紬です。長井市や白鷹市でも織られていましたが、米沢市の問屋が扱っていたことから米沢紬と名付けられました。絣柄(かすりがら)が琉球紬に似ているため、米沢琉球、略して米琉(よねりゅう)とも呼ばれています。格子や間道(かんどう:縞柄)、曲線のよろけ縞などの柄が多くみられることが特徴です。

 

長井紬

 

長い紬は、長井市で生産される紬です。経糸に生糸、緯糸に紬糸もしくは玉糸を用いて織られています。絣柄は、緯糸で総柄を織り出した緯総絣(よこそうがすり)の大柄が主流で、麻の葉や亀甲があります。

 

白鷹紬

 

白鷹紬は、山形県南部の白鷹町で生産される紬です。白鷹紬の特徴は、板締めにあります。板締めとは、あらかじめ柄が彫り込んである板の間に糸をはさみ染色していく技法です。白鷹町にある2軒の織物工房だけで作られるため、非常に生産量が少なく希少性の高い紬です。

 

紅花紬

 

紅花紬は、山形県特産の紅花で染めた糸で織られた紬です。紅花染めに使われる最上紅は、米沢地方で盛んに栽培されています。明治時代に、紅花が大量に輸入され、化学染料の普及も相まって下火になりました。1963年に新田秀次氏によって復活し、淡い色調の黄色、ピンク、オレンジが作られています。

 

新潟県「小千谷紬」

 

小千谷紬は、新潟県小千谷市で生産される紬です。小千谷縮の技法を活かした、独特のシボ(細かく寄った不規則なシワ)があり、縞や絣、無地、白紬が織られています。光沢感があり、柔らかな肌ざわりに加え、素朴な味わいがあります。

 

緯総絣で細かい柄を織り出すのが特徴です。図案をもとに、木羽定規(こばじょうぎ)と呼ばれる細い板の側面につけられた基準をもとに緯糸に墨つけし、へらで染料を摺り込ませていきます。経糸に、緯糸を1本ずつ柄を合わせながら織られていきます。もとは、玉糸を使っていましたが、手紬糸やさまざまな種類の繭の糸を使うなどして改良されるようになりました。

 

東京都「黄八丈」

 

黄八丈は、東京都八丈島で生産される紬です。八丈島に自生する植物で染めた生糸で織り上げられています。コブナグサ(イネ科の一年草)で染めた黄八丈、タブノキの樹皮で染めた鳶八丈、椎の樹皮で染めた黒八丈があります。

 

黄八丈は、黒・黄色・鳶色(とびいろ:赤黒い茶褐色)の3色の濃淡を組み合わせて、格子や縞柄を織り出しています。媒染(色素を定着する工程)には、黄八丈や鳶八丈は榊や椿の灰汁(あく)、黒八丈は沼の泥を用いて鮮明な色を出しています。

 

沖縄県「久米島紬」

 

久米島紬は、沖縄県島尻郡久米島町で生産される紬です。基本的に、糸つむぎから砧打ち(きぬたうち)まで全ての工程を、1人の職人が行います。

 

糸染めは、島内に自生するテーチ木、グールなどの植物染料を使用し、泥染めで色を定着させます。絣柄は、鳥や花、亀甲、碁盤の目をモチーフにし、基本パターンだけで60種ほどあるといわれています。織り上がったあとに、杵で叩き続ける砧打ちをするのも特徴のひとつです。砧打ちによって、独特な赤みがかった黒色に艶を出します。

 

参考:「染と織」地域別辞典|一般社団法人民族衣裳文化普及協会

 

紬を着用する季節と場所

 

紬の着物は、普段着としての装いであることをご紹介しました。快適に着用できる季節は、いつなのか気になる方もいらっしゃるでしょう。紬には、着用にふさわしい場所があるように控えるべき場所もあります。ここでは、着用する季節や具体的な着用シーンについて解説します。TPOを踏まえた装いに必要な内容ですから、ぜひ参考にしてみてください。

 

秋・冬・春の3シーズン

 

紬を着用できる季節は、盛夏除く秋・冬・春の3シーズンです。ただし、着物が袷(あわせ)と単衣(ひとえ)のどちらかによって、時期が異なります。

 

 

袷とは、表地に裏地(胴裏と八掛)を縫い合わせて仕立てた着物のことです。一般的に、10月はじめから梅雨に入る前の5月末あたりまで着用できます。厚手で節のある紬は、12〜2月の真冬に暖かく着ることができます。

 

単衣

 

単衣とは、裏地をつけずに仕立てた着物のことです。一般的に6月と9月、初夏や初秋といった季節の変わり目にふさわしい着物です。ただ、紬は厚手のものが多いため、単衣であっても、9月の暑い日は避けた方が無難です。

 

夏向けの紬

 

紬は、夏向けに生産された透け感のあるタイプがあります。6〜9月の着用が可能です。ただ、夏向けといっても、盛夏には絽や紗の薄物の方が快適です。快適さから考えれば、単衣の時期が適しているでしょう。夏向けの紬には、夏琉球絣、夏大島紬、夏塩沢、夏黄八丈などがあります。

 

プライベートな外出に最適

 

紬は、ちょっとしたお出かけなど、プライベートな外出に最適な着物です。基本的に、格式を必要としないカジュアルな場面であれば、どこへでも着用できます。

 

着用シーンの一例を挙げます。

 

  • ショッピング

 

  • 美術館、博物館

 

  • コンサート、観劇

 

  • 友人との食事会、気軽な集まり

 

  • お稽古ごと

 

好みの織りや柄を選んで、おしゃれを楽しみたいときの装いともいえます。

 

着用を控える場所がある

 

紬の着物がカジュアルな場面に適していることは、ご理解いただけたかと思います。続いては、紬の着用を控えるべき具体的な場所について確認してみてください。

 

紬の着物は、たとえ高価なものでも、普段着の装いとみなされます。格式の高い場所、明確にフォーマルとされている場所には着用できません。以下に示す場所では、お招きされた方もおもてなしをする立場の方も、フォーマルな着物を着用することが決まりごとです。

 

  • 結婚式および披露宴

 

  • 祝賀会、記念式典

 

  • 叙勲、園遊会などの公式行事

 

  • ホテルでのパーティ

 

  • 初釜や献茶会

 

紬に合わせた帯のコーディネートの仕方

 

紬着物を着る目的や色柄に応じて、しゃれ袋帯、名古屋帯、半幅帯を合わせることができます。ただ、紬にはフォーマル感の強い色柄は向いていません。ここでは、紬着物と帯のコーディネートについてご紹介します。

 

紬の訪問着にはしゃれ袋帯

 

袋帯は、留袖や訪問着などのフォーマルな着物に用いられます。袋帯の中で、金糸銀糸を使わず、あるいは控えめにした色柄の帯がしゃれ袋帯です。長さも仕立て方も袋帯と同じなので、二重太鼓で締めます。

 

お出かけには名古屋帯

 

名古屋帯は、セミフォーマルからカジュアルまで幅広いシーンで締めることができる帯です。織りの名古屋帯は、袋帯に近い品格がありますが、一重太鼓に結ぶため、袋帯よりも気軽に締めることができます。染めの名古屋帯は、手描きや型染めで文様が描かれ、刺繍や絞りがほどこされるなど、紬によく馴染みます。

 

気軽に着るときは半幅帯

 

半幅帯は、他の帯地よりも約半分の幅で仕立てた帯です。博多織などの絹素材や紬、木綿の帯もあります。紗の帯は、夏紬にも最適です。羽織とのコーディネートにも向いています。3m22cm以上のタイプが多く、簡単な帯結びで楽しめます。長さが4mほどあるタイプはお太鼓風に結んで、気軽な集まりにも締めることができます。

 

紬の種類を見分けるポイント

 

お手元に紬がある方や購入を検討している方に向けて、紬の種類を見分けるポイントをご紹介します。確実に見分ける基準ですから、正しく覚えましょう。ここでは、紬の産地や製法を示す証紙と伝統的工芸品につけられる伝統マーク・伝統証紙について解説します。

 

産地や製法を示す証紙

 

証紙とは商標登録のことで、生産者(もしくは織元)が登録している産地の組合が発行し、生産者名、糸の素材、織り方が機械織りか手織りか、染色方法などの情報が記載されています。反物であれば端部分に、仕立てた着物は残り布に貼付されています。

 

紬の種類は、この証紙に書かれていることを確認することで確実に見分けることが可能です。実際の証紙で確認していきましょう。

 

証紙の一例として、結城紬をご紹介します。結城紬は、主に本場結城紬といしげ結城紬の2つに分けられます。本場結城紬は茨城県西部の結城市と栃木県小山市およびその周辺、いしげ結城紬は茨城県西南部の常総市で織られています。

 

本場結城紬:「結マーク」

本場結城紬の証紙は、「本場結城紬卸商協同組合」が発行し、糸紡ぐ婦人像が描かれ、結マークが付いています。地機と高機のどちらであるか、平織りか縮織りによるものかなどを区別するために、4種類の証紙が発行されます。

 

<地機で平織り> 

 

地機によって、平織りで織られていることが分かりやすく表示されています。

 

<地機で縮織り>

 

地機によって、緯糸に強撚糸を使った縮織で織られていることを示しています。

 

<高機で平織り>

 

こちらは、地機ではなく、高機を使います。高機は、地機に改良を施した手機の一種です。

 

<高機で縮織り>

 

高機を使い、平織りで織られていることを示しています。

引用:正しい商標|本場結城紬卸商協同組合

 

いしげ結城紬:「紬マーク」

 

いしげ結城紬の証紙は、「茨城県結城郡織物協同組合」が発行し、紬を織る女性が描かれ、紬マークが付いています。中央の証紙には結城紬と表示されています。結マークには「本場結城紬織」と表示されているため、本場結城紬かあるいはいしげ結城紬なのかを区別することが容易です。

 

本場結城紬は、伝統的な製法を継承していますが、いしげ結城紬は手紡糸(てぼうし)を使用した紬を開発しました。手紡糸とは、真綿から手紡機を使い撚りをかけながら糸にしたもののことです。伝統的な製法を部分的に継承しつつ、素材や技術の改良を重ねていることが特徴です。

 

引用:いしげ結城紬|茨城県結城郡織物協同組合

 

伝統マーク

紬は、古来より生活用品として、各産地独特の原材料や技術・技法により受け継がれてきました。経済産業省から「伝統的工芸品」として指定されたものは、2022年3月現在、全国で237品目を数え、紬を含む織物は38品目に上ります。伝統マークとは、伝統的工芸品産業振興協会が定めた伝統的工芸品のシンボルマークです。承認番号が入れられており、品目名、製品、生産地などを知ることができます。

 

<伝統マーク>

 

引用:伝統的工芸品のシンボルマークについて|一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会

 

参考:伝統的工芸品|経済産業省伝統的工芸品指定品目一覧|経済産業省

 

紬のお手入れと保管方法

 

紬を見た目にも美しく、紬の価値を損ねないためには、日頃のお手入れと保管方法が重要です。着ないからといって、しまったままにしていては、黄ばみやカビが発生してしまう場合もあります。日頃からできる紬のお手入れと保管の仕方は、以下の通りです。

 

  • 陰干しで乾燥させる

 

  • 衿あかや汗しみは拭き取る

 

  • 湿気を避けてタンスに収納する

 

  • 着物用の防虫剤を使う

 

  • 定期的に虫干しをする

 

  • 汚れがひどいものは洗い張り

 

陰干しで乾燥させる

 

着用後は、きもの用ハンガーにかけ、埃をはらってから陰干しをします。紬は湿気が大敵ですから、しっかり湿気を飛ばしましょう。風通しのよい部屋であれば、一晩ほどつるしておき、湿度が高い場合は、エアコンや扇風機を利用すると便利です。

 

衿あかや汗しみは拭き取る

 

衿あかや汗しみがついてしまったときは、硬く絞ったタオルで拭き取っておきます。ただ、天然染料の紬は、ベンジンなどの薬品で強くこするのは良くありません。簡単なお手入れでとれない汚れは、できるだけ早く購入した店舗、もしくは着物専門のクリーニングに相談してみてください。

 

湿気を避けてタンスに収納する

 

収納するときは湿気を避けることが大切です。紬着物の出し入れも、できるだけ雨の日を避けましょう。たたんだ後は、たとう紙に包みます。通気性の悪いビニールに密封するのは厳禁です。タンスに収納する際には、防湿シートや防湿剤を使いましょう。

 

着物用の防虫剤を使う

 

収納する際に、着物用の防虫剤を使います。種類の異なる防虫剤を併用すると化学反応を起こすおそれがあるため、メーカーや種類を統一して入れるようにしましょう。着物に直接触れないように、たとう紙の四隅に置きます。また、防虫剤には使用期限がありますから、適切に交換する必要があります。

 

定期的に虫干しをする

 

紬着物は、定期的に虫干しをして湿気を払います。収納したままの着物は、乾燥剤を入れていたとしても湿気はたまりがちです。カビや変色、虫食いなどの点検を兼ねて、1年に1度は虫干しをしましょう。雨の翌日を避けて、乾燥している日に正午をはさんだ時間帯で4~5時間ほど陰干しするのが効果的です。着物の虫干しと同時にたとう紙を交換したり、タンスの引き出しや衣装ケースもほこりをはらい乾燥させましょう。

 

汚れがひどいものは洗い張り

 

汚れがひどいものは、洗い張りで根本からきれいにすることができます。洗い張りとは、仕立てを解いて反物の状態に戻してから洗う方法のことです。水洗いで隠れている汚れまでも落とし、生地を張って整えてから、新たにのり付けをすることで、生地本来の風合いをよみがえらせることも可能です。

 

最後に

本記事では、紬の特徴や産地別の種類から、着用シーン、コーディネートの仕方、種類の見分け方まで解説しました。紬は、普段の装いの中でおしゃれを楽しむ着物です。紬糸や生糸を草木染めや泥染めなどの染め方で、先染めもしくは後染めされます。紬は大島紬や結城紬が有名ですが、全国各地で織られています。ただ、お持ちの紬の見た目や肌ざわりで、どこの紬かを判別するのは難しいでしょう。その際には、産地や製法を示す証紙、伝統的工芸品に指定されることで付与される伝統マークが役立ちます。この記事を参考に、ぜひ紬着物をお楽しみください。

 

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...