着物を高く売るなら着物買取専門店がおすすめ!着物の種類と特徴を解説

TOP

> 着物を高く売るなら着物買取専門店がおすすめ!着物の種類と特徴を解説

 

不要になった着物をできるだけ高く売りたい方におすすめなのは、着物買取専門店を利用した売却です。この記事では、着物を高く売るために着物買取専門店をおすすめする理由や高く売れる着物の種類やその特徴、着物買取業者を選ぶ際の4つのポイントについて解説します。

 

着物を高く売るために買取専門店をおすすめする理由

 

着物の売却先には、リサイクルショップやオークションサイト、着物買取専門店などを利用するという選択肢があります。なかでも着物買取専門店は、他の売却先に比べて、着物を高く売ることが可能です。

 

なぜ、他の売却先に比べて高く売ることができるのか、その理由は主に以下の3つがあります。

 

  • 着物の査定力が高く適正な価格で買い取ってくれる

 

  • 着物に特化した買取実績が豊富

 

  • 独自の販売ルートをもっている

 

それぞれの理由について解説します。

 

着物の査定力が高く適正な価格で買い取ってくれる

 

着物を高く売るためには、着物の価値を正確に見極めてもらわなければなりません。着物の価値を見極めるポイントは、着物の種類や素材の染め方や織り方、作家など多岐にわたります。ゆえに、着物に関する様々な知識が求められます。

 

着物に詳しく、適切な査定ができないスタッフがいない買取店では、着物の価値を正確に見極めることは難しいでしょう。価値の高い着物であっても、二束三文で買取されてしまう可能性があります。着物買取専門店だからこそ、着物の品質をしっかりと見極めたうえで、適正な価格での買取が成立します。

 

着物に特化した買取実績が豊富

 

着物に特化した買取実績が豊富な着物買取専門であれば、お店の買取方針が明確に示されています。ホームページに買取実績を掲載し、査定ポイントや買取価格の理由も掲載されていることが多いです。そのため、買い叩きといったトラブルが起こる可能性は低く、公正な買取をしている証拠になります。

 

独自の販売ルートをもっている

 

着物買取専門店は、日常的に多くの着物を取り扱っているため、安定した価格で販売できる独自のルートもしっかりと確保されています。店頭販売やネット販売による再販に加えて、海外への販路、着物レンタル業者、着物リメイク業者など、複数の販売ルートを展開していることも少なくありません。ゆえに、より高い価格で着物を買い取ることができるのです。

 

高く売れる着物の種類

 

高く売れる着物としては、格式高い場面で着用される礼装が挙げられます。具体的には、以下のような着物です。

 

  • 振袖

 

  • 留袖

 

  • 訪問着

 

ここでは、高く売れる着物の種類についてご紹介します。

 

振袖

 

未婚女性が礼装として着用する、袖丈の長い着物です。袖丈の長さによって小振袖・中振袖・大振袖(本振袖)に分けられ、袖丈が長いほど格式が高いとされています。

 

需要の高い着物の中の1つであることから、売却価格も高い傾向にあります。ただ、モダン柄は流行に左右されやすいため、縁起の良い吉祥文様がより高値が期待できるでしょう。

 

留袖

 

留袖には、黒留袖と色留袖があります。どちらも、フォーマルな場面で着用される礼装としての着物です。黒留袖は、既婚女性が結婚式などの慶事に着用します。色留袖は、地色が黒以外のもので、既婚未婚問わず着用できます。

 

黒留袖は、背中、両袖、両胸に紋(五つ紋)が入りますが、色留袖は紋の数を変えることが可能です。黒留袖に比べて、色留袖は着用シーンが広く需要が高くなっています。

 

訪問着

 

訪問着は、既婚未婚問わず幅広い年代の方が着用できます。一つ紋をつけることで、黒留袖や色留袖に続く格式の高い着物です。

 

文様が縫い目をまたいで、1つの絵のように美しくつながっている「絵羽模様(えばもよう)」が特徴となっています。式典やパーティなどフォーマルな場面から、観劇やお食事会、お茶会といった場面まで、着用シーンが広い点が魅力といえます。

 

高く売れる着物の条件

 

高く売れる着物の種類が分かったところで、続いて高く売れる着物の条件について確認しましょう。振袖や留袖、訪問着であれば高く売れるというわけではありません。状態や素材、サイズなど、いくつかの条件が揃っていることが求められます。

 

主な条件は、以下4つです。

 

  • 着物の状態がよい

 

  • 着物の素材が正絹

 

  • 着物のサイズが大きめ

 

  • 証紙や落款がついている

 

着物の状態がよい

 

当然のことではありますが、着物を高く売るためには状態の良し悪しが重要です。目立つようなシミやカビ、虫食いがある着物は、売却できないケースもあります。

 

着用する機会が少ないと、タンスにしまったままになっていることがほとんどです。売却を決めたら、着物を広げて状態を確認してみるとよいかもしれません。晴れた日に、風通しのよい部屋で陰干ししましょう。

 

着物の素材が正絹

 

着物の主な素材は、正絹や麻、綿、ウール、化学繊維(ポリエステル)などが使われています。なかでも、上質な絹100%の正絹で織られている着物は高く売ることが可能です。着物を仕立てた際の残り布に、以下に示す「日本の絹マーク」や「純国産絹マーク」がついていれば、絹100%であることが証明されます。

 

<日本の絹マーク>

 

絹織物のうち、日本で織られた白生地および日本で染織された着物(反物、仮仕立てのもの)につけられます。海外から輸入した生糸を使って、国内で生産した着物であることの証明です。 

 

引用:日本の絹マーク|一般財団法人大日本蚕糸会 

 

<純国産絹マーク>

 

国産の繭からつくられた生糸で生産された白生地、日本で染織された着物には、純国産絹マークがつけられています。

 

引用:純国産絹マーク|一般財団法人大日本蚕糸会 

 

着物のサイズが大きめ

 

サイズが大きめの着物は、高く売れる傾向にあります。サイズが小さい着物よりも、再販しやすいためです。日本人女性の平均身長は158cmほどで、昔に比べると背が高く、手足が長い体型になっています。また、日本の着物は外国でも人気が高いことから、外国人の体型を考えると大きなサイズが求められているのです。

 

さらに、大きめのサイズをそのままで再販することも可能ですが、小さく仕立て直すことができるため、より多くの人に来てもらうことができます。この点からも、サイズが大きめの着物の方が売却しやすく、高値が付く可能性があります。

 

証紙や落款がついている

 

証紙や落款がついている着物は、高く売ることができます。証紙があることで産地や品質を証明できるためです。落款は、着物の作者を示す印鑑のようなものが刻印されています。結城紬や大島紬、加賀友禅、京友禅など有名産地の着物には、証紙(商標登録)がついています。ここでは、結城紬の証紙と加賀友禅の落款を例に挙げてご紹介します。

 

本場結城紬の証紙

 

本場結城紬の証紙は、「本場結城紬卸商協同組合」が発行し、結マークがついています。地機(じばた)と高機(たかばた)のどちらで織られているのか、織り方が平織りか縮織りによるものかを区別するために、4種類の証紙が発行されます。

 

4種類の証紙のなかで、高く売れる着物についているのは、重要無形文化財の指定技法である「地機で平織り」の証紙です。以下のような証紙がついています。

 

 

引用:正しい商標|本場結城紬卸商協同組合

 

加賀友禅作家の落款

 

加賀友禅作家は、加賀染振興協会に落款を登録しています。登録されている落款と着物の落款を比較することで、作者を特定できるシステムです。1人の作家が図案から下絵、彩色など制作工程を手作業でおこないます。ゆえに、加賀友禅は一点ものが多く、高値で売買されています。

 

落款は、以下の画像のように、おくみ(襟から裾 までの細長い半幅 の布)もしくは衿先に刻印されています。同じ作家の作品であれば、基本的には同じ落款です。

着物買取業者を選ぶ際の4つのポイント

 

着物を高値で売りたい時、どのような業者で査定をしてもらうのがよいのでしょうか。着物買取業者を選ぶ際のポイントには、以下の4つがあります。

 

  1. 鑑定士の在籍数
  2. 買取方法
  3. 手数料が発生するか
  4. クーリングオフがあるか

 

4つのポイントについて、それぞれ解説します。詳しく見ていきましょう。

 

 1.鑑定士の在籍数

 

着物の価値を正しく判断するには、確かな鑑定力と査定知識をもった鑑定士に依頼するのが最も信頼できる方法です。そこで、着物買取業者選びに注目しなければいけないポイントは、鑑定士の在籍数です。

 

鑑定士の在籍数が多い業者は、買取実績が豊富で、買取に対してもスピーディーに対応してくれるためです。着物買取業者のホームページから、鑑定士の在籍数を確認してみてください。

 

2.買取方法について

 

続いて、注目したいのは買取方法です。買取方法には、店頭買取のほかにも出張買取、宅配買取があります。ライフスタイルに合った買取方法を選ぶことが大切です。ここでは、それぞれの買取方法について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

店頭買取

 

店舗へ着物を直接持ち込んで査定をしてもらう方法です。その場で査定が完了し、すぐ現金化できるメリットがあります。査定士とのやり取りや店内の雰囲気を知ることができ、安心感につながります。

 

その一方で、店舗へ出向く手間を懸念する方もいるでしょう。店舗までアクセスが悪い場合や、大量の着物を買取する場合は利用しにくいかもしれません。営業時間内でないと対応してもらえないため、時間の調整が難しい方にはデメリットになる方法ともいえます。

 

宅配買取

 

宅配キットもしくは段ボールに梱包して、業者に発送することで査定・買取が行われる方法です。宅配キットや配送料は業者が負担するケースがほとんどで、自分のタイミングで実施できる点がメリットになります。また、全国対応している業者が多く、近くに店舗がなくても買取ができる点も魅力です。

 

宅配を利用する点で、現金化するまでに時間がかかります。また、発送時の破損や紛失が起こるリスクがあり、買取業者との間でトラブルになりかねません。さらに、キャンセルとなった場合の返送料が必要な場合が多いので、依頼する際に確認が必要です。

 

出張買取

 

鑑定士が自宅まで来て、査定から現金化までを行ってくれる方法です。自宅にいながら査定してもらえるため、店舗に出向く必要がなく、梱包の手間もかかりません。ついでに査定してほしい着物や帯、和装小物などがあれば、追加で依頼することもできます。

 

自宅に他人をあげることに抵抗があるという方には、不向きな方法といえます。納得がいかない場合であっても、買取を断りにくく、提示された買取価格を承諾してしまいがちな側面もあります。1人で対応することに心配な方は、家族や友人などに同席してもらうのもよいでしょう。

 

3.手数料が発生するか

 

業者の多くは、査定料や出張料、キャンセル料、宅配買取では宅配キットや配送料などの手数料が基本的に無料です。先ほどご紹介したように、宅配買取においてキャンセルする場合の返送料は、依頼者の負担となる傾向にあります。

 

依頼する際に、各種手数料について確認しておきましょう。もし、手数料について明確な対応がない業者は、トラブルになりやすいので依頼しないほうが賢明です。

 

4.クーリングオフがあるか

買取におけるクーリングオフは、買い取ってもらった場合でも、契約書などの書面を受け取ってから8日以内であれば、代金を返すことで品物を買い戻すことができる制度を指します。適用できるのは出張買取ですから、契約書の保管を徹底しましょう。店頭買取と宅配買取は、クーリングオフが適用されません。そのため、契約を慎重に行い、納得できなければ断ることが大切です。

 

参考:特定商取引法特定商取引に関する法律

 

最後に

高く売れる着物の種類は、格式の高い留袖、振袖、訪問着などがあります。着物の状態がよい、着物の素材が正絹、着物のサイズが大きめ、証紙や落款がついているといった条件が整えば、さらに高値での売却が期待できます。売却先の着物買取業者は、鑑定士の在籍数や買取方法、手数料の有無、クーリングオフがあるかをを確認しましょう。そうすることで、納得のいく価格で買取してもらえる可能性が高まります。これを機に、不要になった着物の買取を検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...