【和服の種類】場面に適したものや合わせる小物・男性の和服について解説

TOP

> 【和服の種類】場面に適したものや合わせる小物・男性の和服について解説

 

和服にはさまざまな種類があり、着用場面にふさわしいものを選ぶ必要があります。和服と帯、周囲の方と自分の装いなどが調和しているかを考えなければいけません。本記事では、着用する場面に適した和服の種類や合わせる小物、男性の和服の種類についても合わせて解説します。

和服の種類は4つの場面における格式で分けられる

 

和服は日本の伝統的な衣装であり、着用する場面によってふさわしい格が決まっています。ゆえに、場面の違いによって和服の種類を使い分けることが必要になるのです。

 

和服の格式は、大きく公的なものとプライベートなものに分けられます。公的なものは、礼装着・準礼装着・盛装といった冠婚葬祭の装いであり、プライベートなものには外出着やおしゃれ着など普段着の装いです。公的なものが格が高いとされ、最も格が低いのは普段着になります。格の高い場面に格下の和服を着ていくことは、和服のルールとして避けるべきなのです。

 

和服の種類|儀式や式典などにおける正式な場面

 

冠婚葬祭などの儀式や式典にふさわしい和服は、礼装着といわれる格に該当する種類から選ぶことが大切です。ここでは、礼装着における和服の種類について解説します。

 

礼装着

 

礼装着とは、第一礼装とも呼ばれる最も格の高い和服のことです。人生の節目となる特別なお祝いの場面で着用する晴れ着、もしくは弔事において哀悼の意を表すための礼装として用いられます。礼装着は、花嫁衣装の打掛、未婚の女性が着る本振袖、五つ紋の入った黒留袖や黒喪服の4種類です。

 

色柄のデザインに違いはありますが、種類は少ないため、立場に合わせてどの和服を着るのかが理解できれば、失敗することはありません。

 

礼装着を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • 結婚式・披露宴(主催側)

 

  • 公的な式典・パーティー

 

  • 葬儀・告別式

 

打掛

 

花嫁の式服として用いられる白打掛(白無垢)や色打掛のことです。小袖の上に打ち掛けるようにしてまとうことから、このように呼ばれています。室町時代以降の女性における礼服であり、小袖の上にまとっていましたが、現代は結婚式や披露宴の花嫁衣装として着られています。

 

白打掛は、掛下(打掛の下に着る振袖)から小物まで白で統一した花嫁衣装です。挙式の際は、角隠しもしくは綿帽子をつけます。白打掛の白は神聖な色とされ、松竹梅、鳳凰など縁起の良い文様を織り方や刺繍で表現しています。

 

色打掛は、金銀糸や刺繍があしらわれた色柄の華やかな花嫁衣装です。挙式でも披露宴でも着ることができます。ただ、色打掛を着てから白無垢には戻れないという着用のルールがあるため、衣装を選ぶ際に注意が必要です。

 

本振袖

 

未婚女性の礼装着で、袖丈が120cm前後と振袖の中で最も長く、大振袖とも呼ばれています。本振袖は、帯を見せて着つけるところが、色打掛と大きく異なる点です。また、絵羽模様(縫い目をまたがっている模様)には総模様と裾模様があり、華やかな印象です。

 

花嫁衣装や披露宴、成人式で着用できます。本振袖は紋がなくても礼装着ですが、五つ紋が入っている場合があります。披露宴の列席者は、主催者より格下の和服にするのがルールです。他の列席者との調和という点で五つ紋の本振袖は、避けた方がよいでしょう。

 

黒留袖

 

黒留袖は、既婚女性の黒地に染め抜きの五つ紋(日向紋)をつけ、裾まわりに模様のある和服です。また、裏に比翼地(ひよくじ)という白い生地を縫い付け、もう1枚重ね着しているように見せるよう仕立ててあります。実際に襦袢と白羽二重を重ねていましたが、動きに不便さもあり簡略化されました。良いことを重ねるといった意味合いも含まれているとされています。

 

着用できるのは既婚女性に限られており、結婚式では新郎新婦の母親、近親者、仲人夫人です。留袖という呼び方は、結婚すると振袖の袖を縫い留めて短くしたことに由来します。そのため、未婚女性は留袖を着ることができません。

 

黒喪服

 

未婚・既婚を問わず着用できる弔事の礼装着で、染め抜き五つ紋(日向紋)を入れた黒喪服に黒喪帯が正式な装いとされています。実家か婚家のどちらの紋を入れるかは、地域の慣習にもよるため、一概にどちらにすべきかのルールはありません。

 

羽二重もしくは縮緬(ちりめん)が使われ、光沢のない黒一色の生地が用いられます。夏向けには絽や紗がありますが、正装用としては絽が格上です。帯のほかにも帯揚げ、帯締め、草履、バッグも黒に統一します。葬儀で黒喪服を着るのは、故人の家族や親族などが一般的です。

 

参考:きものの種類|(公財)京都和装産業振興財団 

 

和服の種類|セミフォーマルな場面

 

セミフォーマルな場面にふさわしい和服は、礼装着に次ぐ準礼装着といわれる格に該当する種類から選びます。和服の種類が幅広くなりますが、特別な装いであることは変わりありません。ここでは、準礼装着における和服の種類について解説します。

 

準礼装着

 

準礼装着は、礼装着ほど格は高くないものの、きちんと礼儀を尽くした装いのことです。結婚式や子供の行事といったお祝いの場面で着用することが多く、振袖、色留袖、訪問着、色無地、江戸小紋、付け下げといった礼装着に準ずる和服が挙げられます。

 

和服の種類が幅広くなることから、自分好みの色柄を選ぶ楽しみが増えます。ただ、紋の数や柄の種類などによって、格が上下する場合があることを理解しておくことが必要です。

 

準礼装着を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • 結婚式・披露宴(参列側の場合)

 

  • やや格式のあるパーティーや集まり

 

  • 葬儀・告別式(喪主以外)

 

振袖

 

振袖は、袖の長さによって大振袖・中振袖・小振袖の3種類に分けられます。袖が長いほど格が高くなることが特徴です。色調は明るいものから落ち着いたもの、古典柄からモダンな柄まで豊富なデザインがあります。

 

中振袖(袖丈が約100cm)は、成人式で着用した方も多いでしょう。そのほか、結婚式や披露宴に列席する場合やパーティーなど華やかな場面に適しています。振袖の中で、最も着られる場面が多く使い勝手がよいです。小振袖(袖丈60~85cm)は、大学や短大の卒業式に袴と組み合わせることも多くなっています。パーティーのほかにも、観劇やお茶会といった華やかな場面で動きやすさを求める場合にも向いています。

 

色留袖

 

地色が、黒以外の留袖のことです。地色以外の裾まわりにだけ模様があることや比翼地を使った仕立て方は、黒留袖と共通しています。しかし、既婚・未婚女性どちらでも着用できる点が大きな違いです。

 

五つ紋が入ると黒留袖と同格になりますが、一般には三つ紋にすることが多いようです。一つ紋の場合には、訪問着と同格となり、比翼は付けません。五つ紋であれば新郎新婦に近い親族、より格式の高い叙勲式といったパーティーでの装いに向いています。三つ紋や一つ紋は、親戚の結婚式や子供の行事、お茶会など幅広い場面で着用できて重宝です。

 

訪問着

フォーマルからカジュアルな場面まで幅広く対応でき、年齢や未婚既婚に関わらず着ることができる和服です。絵羽模様は総模様になるため、1つの絵のようにつながって華やかな印象になります。

 

一つ紋をつけることで色留袖に次ぐ準礼装着になり、あらたまった場面で着用できます。結婚式や七五三といった子供の行事などです。紋をつけなければ、格下の盛装として、観劇や食事会などのカジュアルな場面に対応できます。紋をつけるかつけないかは、着用する機会や目的に合わせて判断しましょう。

 

色無地

 

黒以外の色で、一色に染められた和服のことです。地紋がないものとないものがあり、地紋のないものはカジュアルな場面での着用になります。色無地の最大の特徴は、紋の数で格が変わることです。紋がないタイプは普段着や街着になり、準礼装着以上の格になるためには、1つ以上の紋が必要です。

 

五つ紋は礼装着となり、三つ紋をつけると訪問着より格上の準礼装着になります。一つ紋も結婚式やパーティーに着用できますが、お茶会、食事会といった幅広く対応できるため人気があります。

 

江戸小紋

 

全体に小さな柄を染めた和服のことです。遠目から見ると、無地に見えるほど極小の柄が描かれているのが特徴です。武士の「裃(かみしも)」に藩の定め柄を文様にした小紋が用いられたことで発展しました。

 

鮫(さめ:徳川家の定め小紋)、角通し(かくどおし:信濃戸田家の定め小紋)、行儀(ぎょうぎ:仙台半伊達家の定め小紋)は江戸小紋三役と呼ばれ、格調の高い文様です。三役の江戸小紋を一つ紋にすることで、お祝いごとから葬儀の色喪服としても着用が可能です。

 

付け下げ

 

文様が上向きになるように染め上げた和服のことです。反物のまま柄付けをしていくため、仕立てたときに上下を間違えないよう上向きになっています。一つ紋にすることで、訪問着に次ぐ格になります。紋のない付け下げは格下となり、セミフォーマルな場面には適していません。

 

訪問着と見た目がよく似ていますが、1枚の絵のように縫い目をまたいでいないために絵羽模様になっていません。また、全体の印象が華やかなものは訪問着、控えめなものは付け下げと判断することもできます。

 

参考:きものの種類|(公財)京都和装産業振興財団 

 

和服の種類|普段よりかしこまった場面

 

普段着ではなく、かといって豪華に着飾るほどではないお出かけにふさわしい和服は、盛装といわれる格に該当する種類から選びます。普段に近い延長上にあり、個性的な装いを楽しめるでしょう。ここでは、盛装における和服の種類について解説します。

 

盛装

 

盛装は、準礼装着よりカジュアル感が強くなるものの、普段よりかしこまった装いのことです。格があるものからおしゃれ着まで、幅広く対応できる着用できる和服が主体になります。紋の入っていない付け下げ小紋、小紋、絞り、お召、更紗のほかに、本来であれば普段着に分類される紬も訪問着にすることでお出かけ用に着用が可能です。

 

気軽なお出かけだからこそ、外出する場所や周囲の人との調和が重要になります。失礼にあたらない装いを心がけましょう。

 

盛装を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • カジュアルな結婚式や二次会(平服が求められる場合)

 

  • お茶会や観劇鑑賞

 

  • プライベートなパーティー

 

付け下げ小紋

一般的な小紋の文様は、上下の向きに決まりがありません。対して、付け下げ小紋は常に文様が上向きになっています。小紋と付け下げを組み合わせた感じです。格でいうと小紋と同格になりますが、小紋よりも多少あらたまった感じです。

 

絞り

独特のシワが特徴の和服です。糸でくくって防染してから湯もみする伝統的な技法で作られるため、高価なものが多いです。しかし、格でいえば、絞りだけをあしらったものは、小紋と同格もしくはやや下になります。ゆえに、フォーマルな場面には向きません。

 

注意したいことは、文様の一部に絞りがある留袖や訪問着もしくは総絞りの振袖は、ここでいう盛装ではありません。それぞれのカテゴリに分けられるため、絞りの和服とは区別しておきましょう。

 

お召

「お召ちりめん」の略称で、ちりめんにみられるシボ(凹凸のあるシワ)が特徴の和服です。徳川11代将軍の家斉が好んでお召しになったことから名がついたといわれるように、武家や貴族が用いていたとされています。 

 

代表的な産地は、京都の西陣御召、新潟の塩沢御召・十日町御召です。無地、縞、格子や小紋の文様はおしゃれ着として、お召で仕立てた訪問着や色無地は準礼装着になります。紋をつけることも可能です。あくまでも、粋な着こなしを楽しむ和服といえます。

 

更紗

 

インドの染織品をルーツとする異国情緒ただよう柄が特徴の和服です。全体に柄があるため、小紋のように思われるかもしれませんが、さらにカジュアルな着物とされています。格でいうと、盛装から普段着の位置づけになります。

 

訪問着に仕立てることも可能ですが、紋の入った訪問着や古典柄のものに比べると、そこまで格調の高さがありません。他の和服とは一味違う個性的なデザインから、愛好家に人気があります。

 

参考:きものの種類|(公財)京都和装産業振興財団 

 

和服の種類|お出かけなど日常的な場面

 

普段から和服に馴染んでいない方にとっては、和服をきること自体が特別なことといえるかもしれません。和服は、決して特別な場面だけのものではなく、ちょっとしたお出かけなど、日常的な場面で気軽に楽しめるものもあります。ここでは、普段着における和服の種類について解説します。

 

普段着

 

正式な場面へのお出かけというよりは、ちょっと外に出かけるという感覚の装いのことです。普段着には紬、絣、黄八丈、ウール、浴衣などが該当します。紬、絣、黄八丈は街着として、ウールや浴衣は普段着として用いられる定番ともいえる和服です。

 

普段着といっても、和服は絹織物が多く、素朴な印象だとしても高級なものも多いことが特徴です。おしゃれやこだわりを楽しむという視点で選ぶとよいでしょう。

 

普段着の和服を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • プライベートな集まり

 

  • お稽古ごと

 

  • ショッピング、友人との食事会

 

 

絹糸をあらかじめ染色してから、文様を織り上げた和服です。代表的な柄には、縞・格子・亀甲・十字絣などがあり、繰り返しの文様になっています。また、丈夫に作られているため、古くから普段着として着用されていました。

 

訪問着に仕立てた紬は、紬の中では最も格が高いとされ、準礼装着としての扱いになります。絵羽模様があることで、非常に見映えが良いです。セミフォーマルな場面といっても結婚式や式典には適していませんが、パーティーや食事会、観劇のおしゃれな装いには最適です。

 

 

あらかじめ染め分けた絣糸を用いて、絣柄を織り上げた和服です。代表的な柄には、十の字を表した十字絣や十字をさらに蚊のように細かくした蚊絣、井の字を著した井桁(いげた)絣があります。柄の輪郭がかすれたように見えて、温もりのある風合いが特徴です。

 

絹や木綿、麻といった生地で織られています。以前は普段着とされていましたが、柄が細かくなればなるほど格が高いとされ、格調ある絵絣(絣柄を集めてデザイン化したもの)などはおしゃれ着として人気が高いです。

 

黄八丈

 

東京八丈島に伝わる先染めの和服です。黄八丈を象徴する美しい黄金色は、コブナグサ(イネ科の一年草)によって生み出されています。黄色のほかに、タブノキの樹皮で染めた鳶色(とびいろ:赤黒い茶褐色)や、椎木の樹皮で染めた黒色もあります。

 

秋田県ではハマナスで染める秋田黄八丈が織られているため、八丈島で生産されるものを本場黄八丈と呼んで区別しています。近年は、黒八丈が生産の主流で、洗練されたおしゃれ着として人気を集めています。

 

ウール

 

ウール(羊毛)素材で仕立てられた和服です。昭和に流行した普段着で、格子や縞、市松文様といった幾何学文様など、さまざまな文様があります。

 

現在は、絹との混紡でできた「シルクウール」が多く作られています。丈夫で暖かく、秋から春までの寒いシーズンの着用が可能です。寒い時期は羽織とセットにするのもよいでしょう。シルクウールであれば、ウール100%よりも光沢があるため、おしゃれな外出着としても活躍します。

 

浴衣

 

浴衣は夏に着る薄物の和服です。普段から和服は着ないけど、浴衣なら着たことがある方も多いでしょう。花火大会やお祭りといった夏のイベントに着ることがほとんどです。生地の種類によっては襦袢を着て、帯を締め帯を締め、帯締めや帯揚げなどの小物をあわせ、おしゃれな外出用としても着用されています。

 

もとは、入浴の際に着る「湯帷子(ゆかたびら)」であり、のちに湯上がり着になりました。また、現代のパジャマである寝巻きとしても使われ、湯帷子の使い方が変化していきます。つまり、外出着ではなく、日常の限られた場面で着用されていたのです。ゆえに、和服の中では最も格の低いのが浴衣になります。

 

和服を着るときには小物の準備も必要

 

和服を着る時に必要な小物は、装飾小物と着つけ小物の2種類があります。また、草履や下駄などの履物やバッグ、ショールや羽織、雨コートといった防寒具などお出かけ用の小物も、必要に応じて揃えておきたいものです。

 

装飾小物

 

着つけの際に、装飾するために用いる小物のことです。帯揚げ、帯締め、帯留、半襟、重ね襟、羽織紐、髪飾りなどがあり、飾りつけだけでなく、着崩れを防ぐ役割もあります。色柄や素材は、使用する場面や和服との調和を重視しましょう。

 

着つけ小物

 

着つけに必要な道具類のことです。一揃えあれば、どの和服にも使えます。足袋、肌襦袢、裾よけ、衿芯、伊達締め、帯板、腰ひも、帯枕などがあります。普段和服を着慣れない方にとって、最低限必要な小物が分かれば安心ですし、美しく着つけができるようになります。

 

参考文献:木口屋芳子著『自分でできるきものの着つけと帯結び』成美堂出版 

 

男性における和服の種類

 

男性の和服にも種類があり、それぞれ格式があるので、その場にふさわしいものを選ぶことが大切です。女性の和服と同じく、儀式や式典にふさわしい場面では礼装着、セミフォーマルな場面には準礼装着といった格の高い装いがあります。外出や普段の装いも、普段よりかしこまった場面やお出かけなど日常的な場面に位置づけられる和服を選ばなければいけません。ここでは、男性における和服の種類について解説します。

 

礼装着:黒五つ紋付羽織袴

 

最も格が高いのは、黒紋付の長着(ながぎ:丈の長いきもの)と羽織に縞柄の袴を合わせたものです。長着、羽織とも、黒く染めた羽二重(はぶたえ:絹織物の一種)に染め抜きの五つ紋(日向紋)をつけます。半衿および羽織紐、足袋は、すべて白に統一するのがルールです。

 

礼装着を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • 結婚式・披露宴(新郎、新郎新婦父)

 

  • 公的な式典・パーティー

 

  • 葬儀・告別式(喪主)

 

喪服の注意点

 

礼装着での出席がよいとされていますが、一般には喪主の装いです。最近の傾向として、喪主以外は洋装となっています。参列者が和服にする際には、喪主より格下になるよう一つ紋もしくは三つ紋とし、黒の紋羽織にグレーといった控えめな色の長着にします。

 

準礼装着:色紋付

 

地色が黒以外の長着と羽織、袴のことです。準礼装着の場合は一つ紋か三つ紋になります。ただし、五つ紋にすることで新郎の婚礼衣装にもなりますが、新婦が白無垢もしくは色打掛の礼装着の場合は、格を揃えて黒五つ紋付き羽織袴とするのが正式です。

 

色付紋も半衿および羽織紐、足袋は、すべて白に統一することを原則としますが、長着の色に合わせて白以外でも良いようです。全体の調和がとれていれば問題ありません。

 

準礼装着を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • 結婚式・披露宴(参列側)

 

  • やや格式のあるパーティーや集まり

 

外出着:長着と羽織

ややあらたまった場面では、長着に羽織を組み合わせます。一つ紋をつけて少し格が上げられるものからおしゃれを楽しめるものまで、幅が広くなることが特徴です。なかでも、お召に一つ紋をつけることで、結婚式といったフォーマルな場面の装いにもなります。ただ、お茶席において羽織をまとわないことが正式とされるため、場面ごとのルールを確認することが大切です。

 

外出着を着用する場面には、以下のようなものがあります。

 

  • カジュアルな結婚式や二次会

 

  • 気軽なパーティや懇親会

 

  • 初詣

 

普段着:長着

 

日常的な普段着は、紋のない長着のみの着流しでも構いません。着流しとは、男性のみの和装表現で、羽織や袴を着用しない長着と帯だけの装いのことです。また、着流しには足袋ではなく、素足に下駄というスタイルもおしゃれになります。普段着には、ルールに縛られない個性的な装いを楽しむことが可能です。

 

普段着での着用場面には、以下のようなものがあります。

 

  • プライベートな集まり

 

  • 友人との食事会 

 

  • 街歩き、カフェ

 

参考:早坂伊織著『男のきもの大全』草思社

 

最後に

本記事では、着用する場面に適した和服の種類や合わせる小物、男性の和服の種類について解説しました。和服は、格式によって種類が分けられます。これは、男性も女性も同様のルールです。礼装着・準礼装着・盛装・普段着の分類には和服の種類と紋のあるなしが影響します。厳密には合わせる帯によっても和服の格が上下する場合もあります。場面と装いとの調和が重要なのです。この記事を参考に、場面にふさわしい和服の選び方や着こなしを楽しんでみてください。

 

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...