付け下げとは?他の着物との違いから着用シーンによる帯選びまでを解説

TOP

> 付け下げとは?他の着物との違いから着用シーンによる帯選びまでを解説

付け下げは、お祝いの席で着用できるフォーマルな着物です。フォーマルな着物といっても、種類があり、どの着物をいつどのような帯に合わせるのか分からないという方も多いようです。本記事では、付け下げとはどのような着物なのか、他の着物との違いや用いられる生地の種類、着用シーンによる帯選びなどについて詳しく解説します。

 

付け下げとは?

 

付け下げとは、訪問着に次ぐ格式のあるフォーマルな着物です。文様の付け方に大きな特徴があり、紋の入れ方によっても着用シーンが幅広くなります。ここでは、付け下げとはどのような着物なのか、着物を選ぶ際に役立つ基本的な情報について解説します。

 

訪問着に次ぐ格式のある着物

付け下げは、訪問着に次ぐ準礼装の着物です。着物を広げてみると、訪問着よりも文様の付き方に控えめな印象があり、無地の部分が多いように見えます。それもそのはずで、訪問着を簡略化したのが付け下げなのです。

 

第二次世界大戦中に、贅沢品が禁止(1940年:奢侈禁止令)され、訪問着をはじめとした絵羽模様のある高級着物などの生産や販売が中止になりました。そこで訪問着に代わる着物として、考案されたのが付け下げだったというわけです。

 

1955年以降、フォーマルなシーンに着用できる着物として定着しています。現在では、訪問着のような高級感のある付け下げも多く作られており、訪問着との違いが分かりにくいものもあります。

 

参考:戦中・戦後を通じての暮らしの移り変わり|仁科又亮

 

文様が縫い目をまたがっていない

 

付け下げは訪問着を簡略化したため、訪問着に見られる絵羽模様ではなく、文様が縫い目をまたがっていません。

 

これは、着物に文様を描くタイミングによります。絵羽模様は、着物の形に仮仕立てした白生地に下絵を描きます。白生地をキャンバスに見立てて、絵を描くというと分かりやすいでしょう。対して、付け下げは反物の状態で文様を描きます。それを着物のパーツに裁断するため、文様がつながらないのです。

 

文様の向きがすべて上向き

 

付け下げは、前から見ても後ろから見ても、文様が上向きになっています。そのため、まず墨打ちを行います。墨打ちとは、小さなしるしをつけて、反物を裁断する位置を決める作業のことです。仕立てた時に文様が上下逆さまにならないよう調整する重要な作業といえます。

 

通常は紋を入れない

 

付け下げは略式なので、紋をつけなくてもよいとされています。紋が無くてもフォーマルなシーンでの着用が可能です。また、着用する人の立場によって、礼装に近い装いが必要な場合は、一つ紋を入れてもよいでしょう。紋は、染め抜き紋や縫い紋にすると格調が加わります。

 

幅広いシーンで着用できる

 

付け下げは準礼装の着物ですから、フォーマルなシーンはもちろんのこと、気軽な集まりまで幅広いシーンでの着用が可能です。

 

例えば、友人や同僚の結婚式・披露宴への出席、パーティ、七五三や入学式といったお子様の行事、お茶会、お食事会が挙げられます。ただ、控えめな印象の着物が多いため、格式を重んじる結婚式やパーティには訪問着を着るのがよいでしょう。

 

付け下げと似ている着物の種類と違い

 

付け下げは、フォーマルなシーンで着用できる着物で、文様が縫い目をまたがず上向きになっていることをご紹介しました。そうはいっても、付け下げと似ている着物がいくつかあるため、文様の付き方がどのように違うのか見分けることは容易なことではありません。ここでは、訪問着、付け下げ訪問着、小紋、付け下げ小紋との違いについて解説します。

 

訪問着との違い

 

違いがよくわかるのは、文様のつき方です。もともと付け下げは、贅沢品といわれた訪問着に代わって考案された着物なので、見た目にも控えめになっています。具体的には、文様が少なく、文様の間が広くとってあるものは付け下げと考えて差し支えありません。

 

店頭に並んでいる状態にも違いがあります。付け下げは反物で売られていることが多く、訪問着は仮仕立てしてありますから、違いは一目瞭然です。しかし、どちらも仕立てられている場合は、縫い目に注目しましょう。付け下げは、訪問着と違って絵羽模様になっていないため文様が縫い目で切れています。対して、縫い目をまたがっていれば訪問着です。

 

付け下げ訪問着との違い

 

一見すると訪問着かのような着物が、付け下げの一種である付け下げ訪問着です。上前の衽(おくみ:前見頃の端に縫いつけた布)と前見頃の縫い目で、文様がつながるように作られています。ゆえに訪問着と間違えやすいのです。

 

訪問着は、着物全体が1つの絵のようにつながって描かれています。付け下げ訪問着は、絵羽模様ではないため、前見頃の縫い目で文様がつながっているようにみえても、肩から袖にかけて文様がつながっていません。着物全体の文様のつき方を見ると違いがはっきりと分かります。

 

小紋

 

まず、小紋とはどのような着物なのか確認しましょう。小紋は、全体に文様が描かれている着物です。基本的には、型を使って染める型染めによって作られています。着物の格としては付け下げに次ぐもので、多くの場合において気軽なお出かけの装いですが、種類によってフォーマルなシーンでの着用が可能です。

 

付け下げとの違いは、文様の向きにあります。付け下げは、すべて上向きになっていますが、小紋は上下の方向に決まりはありません。文様自体に上下がある場合は、上向きと下向きが出てきます。

 

付け下げ小紋

 

付け下げ小紋は、付け下げの特徴を併せ持った小紋の着物です。付け下げは、文様は上向きになっています。付け下げ小紋は、付け下げと同じく、文様が必ず上向きになっているのです。

 

付け下げとの違いは、着物全体に描かれている文様の量にあります。付け下げ小紋は小紋の一種ですから、着物全体に文様が描かれています。付け下げは文様が少なく、無地の部分が多くみられます。

 

付け下げに使用される代表的な生地の種類

 

フォーマルなシーンで着用される付け下げは、主に絹織物が使われます。同じ絹織物でも、織り方によってちりめん、紋意匠などの呼び方があります。ここでは、付け下げに使用される代表的な生地の種類について解説します。

 

紋意匠

 

紋意匠(もんいしょう)は、地紋(織で表現した模様)が織り込まれている絹織物のことです。太さの異なる2種類の緯糸を用いて、二重に織られることにより地紋が現れます。染色することで、より立体的に引き立ちます。薄地で軽く、なおかつ光沢感があります。

 

縮緬

 

縮緬(ちりめん)は、経糸(たていと)は撚りのない生糸と強く撚った糸を緯糸(よこいと)を用いて、交互に織り上げられた絹織物です。汚れを洗い流す「精錬」を行うことで、撚りが戻ってシボ(表面の凹凸部分)が浮き出てきます。柔らかい肌触りがあり、シワになりにくいことが特徴です。

 

綸子

 

綸子(りんず)は、経糸・緯糸ともに撚りのない生糸を用いて、地紋が織り込まれている絹織物です。非常になめらかで強い光沢があり、華やかな印象があります。光の反射によって、文様が浮き出て陰影が見えることが特徴です。

 

 

絽(ろ)は、2本の経糸が互いにからみ合い、生地表面にすき間ができるように織られた絹織物です。絽目と呼ばれる線状のすき間があり、絽目の間隔が狭いほど透け感が強くなります。夏向けの生地で、盛夏を中心とした6月や9月にも着ることができます。

 

 

紗(しゃ)は、2本の経糸がからむごとに緯糸を交差させて織られた絹織物です。無地のほか、地紋がある紋紗(もんしゃ)もあります。目が粗く、薄く透けており、盛夏向けの着物生地です。すき間が同じ間隔であいているため、絽よりも透け感が強く、通気性も高くなっています。

 

紬(つむぎ)は、蚕の繭を綿状にして糸を紡いだ紬糸を染色して織られる絹織物です。軽く、ざっくりとした風合いが特徴です。耐久性にすぐれ、古くから普段着や野良着として使われてきました。そのため、絹織物であってもフォーマルには不向きとされています。

 

参考:「染と織」地域別辞典||一般社団法人民族衣裳文化普及協会

 

付け下げは着用シーンに合わせて帯を選ぶ

 

付け下げにどのような帯を合わせるかは、着用シーンにふさわしいものを選ぶことが大切です。付け下げに合わせる帯の種類は、袋帯と名古屋帯になります。ここでは、袋帯と名古屋帯とはどのような帯か、着用シーンにふさわしい帯の選び方について解説します。

 

袋帯

 

袋帯とは、フォーマルな着物に合わせる定番の帯です。表に文様があり、裏は無地もしくは地紋が織り出されています。袋状に織られている本袋帯、表と裏の生地を両端でかがったものを縫い袋帯とし、現在は縫い袋帯が主流です。

 

金糸銀糸を使った袋帯は、フォーマル・セミフォーマル向けです。金銀を使わず、色糸中心の控えめなタイプをしゃれ袋帯といいます。結び方は、どちらも二重太鼓(太鼓の部分が二重になったもの)になります。

 

名古屋帯

 

名古屋帯は、セミフォーマルからカジュアルまで利用範囲の広い帯です。九寸帯と八寸帯があり、一般に名古屋帯と呼ばれるのは九寸帯で、八寸帯は正式には袋名古屋帯といいます。

 

また、名古屋帯には、織りの名古屋帯と染めの名古屋帯があります。織り名古屋帯は、金糸・銀糸、色糸を用いて、袋帯に近い品格があり、フォーマルな場面で使われる帯です。染め名古屋帯はフォーマルでは使わず、あくまでおしゃれを楽しむ帯とされています。

 

披露宴やパーティには袋帯

 

披露宴やパーティといった華やかなシーンには、必ず袋帯を合わせます。金糸銀糸や箔をあしらい、古典柄の豪華な袋帯がぴったりです。西陣織や佐賀錦、唐織が適しています。付け下げも場にふさわしい、おめでたい文様が入ったフォーマルな装いにします。

 

ややあらたまった集まりには袋帯か織りの名古屋帯

 

ややあらたまった集まりでは、付け下げを着用する目的で袋帯か織りの名古屋帯のどちらかを選びます。一つ紋の入った付け下げを着用するような格式を必要とするシーンでは、袋帯も織の名古屋帯でも格調の高い古典文様が織り出されているもの、金糸銀糸を使ったものを選びましょう。お茶会やお子様の学校行事の付き添いでの装いに最適です。

 

気軽な集まりにはしゃれ袋帯や染めの名古屋帯も

カジュアルな雰囲気が強く気軽な集まりには、しゃれ袋帯や染めの名古屋帯にシンプルな付け下げというコーディネートも可能です。しゃれ袋帯は二重太鼓に結ぶため、名古屋帯とは違ったおしゃれを楽しむことができます。観劇、同窓会、食事会などの装いに向いています。

 

参考文献:『家庭画報特選 決定版 きものに強くなる』‎世界文化社

 

高く売れる付け下げの特徴

 

付け下げを手放そうと考えている方にとっては、せっかくなら高く売りたいと思われるでしょう。付け下げの中でも、どのようなものが高く売れるのでしょうか。売ってしまう前に、知っておきたいのが、高く売れる付け下げの特徴です。

 

主な特徴は、以下の5つです。

 

  • 素材が正絹のもの

 

  • 保存状態がよいもの

 

  • 証紙が付いたもの

 

  • 落款が刻印されているもの

 

  • 着丈長いもの

 

それぞれ、分かりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

素材が正絹のもの

 

付け下げの中には、ポリエステルを素材にしたものがあります。素材に石油を使用した人工的に作られた繊維です。気軽に着物を楽しみたい方に人気があります。量産できるため購入価格は安価なものが多いため、高く売ることは難しいでしょう。

 

高く売れる着物の素材で主流となるのは絹であり、絹100%で織られた正絹(しょうけん)です。付け下げも例外ではありません。では、正絹かどうか確認するにはどうすればよいのでしょうか。付け下げの反物や仕立てた際の残布に、以下に示す「日本の絹マーク」もしくは「純国産絹マーク」がついていれば間違いなく正絹です。

 

<日本の絹マーク>

 

絹糸が日本産か輸入品かを問わず、染織や仕立てを日本国内で行った付け下げには、日本の絹マークがついています。ただ、日本の絹マークの審査基準には、絹糸の産地について規定がないため、日本産か外国産かまでは分かりません。

 

引用:日本の絹マーク|一般財団法人大日本蚕糸会 

 

<純国産絹マーク>

 

こちらのマークは、製糸・染織・仕立てにいたるまで日本国内で行われたことを示しています。蚕の品種といった絹糸に関する情報や登録者名といった生産履歴が記載されています。

引用:純国産絹マーク|一般財団法人大日本蚕糸会 

 

保存状態がよいもの

 

保存状態の良し悪しは、買取価格に影響します。高く売りたいのであれば、保存状態がよいことが大前提です。長い間、タンスにしまったままになっている場合は、カビや黄ばみが発生していることも少なくありません。

 

高く売るために汚れを取ろうと自分で補修したり、クリーニングに出すのはやめておきましょう。間違った汚れ取りは生地を傷めてしまう可能性もあり、クリーニング代が買取価格を上回ってしまうかもしれないからです。汚れが軽度なものや分かりにくい場所にある場合は、そのまま売却することをおすすめします。

 

証紙が付いたもの

 

付け下げに、証紙がついていると高く売ることができるでしょう。証紙とは商標登録のことで、生産者が加入する組合が発行し、生産者、生地の素材、機械織りと手織りのどちらか、どのような染め方をしているかなどの情報が記載されています。

 

証紙がなくても、専門家であれば着物の価値を判別することも可能ですが、証紙によって品質を証明できれば買取価格のアップが期待できます。

 

一例として、付け下げに用いられる京友禅の証紙をご紹介します。

 

<京友禅証紙>

 

京友禅証紙は、京友禅振興協議会が発行し、京都の染織品に貼付される証紙です。

 

引用:京友禅証紙|京友禅協同組合連合会

 

<京手描友禅証紙>

 

京手描き友禅証紙は、京都工芸染匠協同組合が発行し、京手描友禅の製品に貼付される証紙です。

 

引用:京手描友禅証紙|京都工芸染匠協同組合 

 

落款が刻印されている

 

有名作家が手がけた高級な付け下げには、落款が刻印されています。落款とは、作者を示す印鑑のようなものです。多くの場合、おくみ(襟から裾 までの細長い半幅 の布)もしくは衿先に刻印されています。

 

落款の一例を、以下に挙げます。

 

<加賀友禅作家の落款>

 

加賀友禅の作家は、加賀染振興協会の会員であり、落款を登録しています。同じ作家の着物には、基本的に同じ落款がつけられるため、落款があれば誰の作品かが分かります。

 

引用:落款|加賀友禅|加賀友禅会館

 

着丈が長いもの

 

付け下げは、着丈の長いものが高く売れる傾向にあります。現代の女性の平均身長は約158cmですから、それ以上あることが1つの目安になります。着丈が長ければ、次に購入する人の身長に合わせて、仕立て直しで調整できますが、着丈が短いものは、着用できる人が限定的になってしまいます。ただ、丈が短いからといって、品質の良い付け下げの買取価格が著しく低くなるようなことはありません。

 

付け下げを高く売るためのポイント

 

大切な付け下げを買い取ってもらうのであれば、少しでも高く売りたいと考える方は多いでしょう。付け下げを高く売るためには、主に6つのポイントがあります。

 

  • 付下げの価値を証明するものを付ける

 

  • お手入れや保管方法に気をつける

 

  • 帯や和装小物を揃える

 

  • できるだけ早く売る

 

  • 着物専門店で売る

 

  • 複数の着物専門店で相見積もりを取る

 

6つのポイントについて解説しますので、参考にしてみてください。

 

付下げの価値を証明するものを付ける

 

先に紹介したように、絹マークや証紙、落款など品質を証明できるものがあれば、査定の際に必ず付け下げと合わせて提示しましょう。

 

これらがあることで、瞬時に価値を証明できるため、高値での買取りが期待できます。ただし、証明するものがないからといって、偽物というわけではありませんし、買い取ってもらえないわけでもありません。証紙をお持ちであれば、紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

 

お手入れや保管状態に気をつける

 

お手入れが行き届いて汚れがないことが、高く売るための重要なポイントです。お手入れの手順は以下のようになります。

 

1.着用後は、風通しのよいところで陰干しを行います。直射日光や窓の近くを避けて、一晩ほどつるすのが理想的ですが、最低でも数時間は干すようにしましょう。湿度が高い時期は、エアコンや扇風機を利用するのもよいです。

 

2.袖口や衿など汚れやすいところは、硬く絞ったタオルで拭き取ります。その際には、決して擦ってはいけません。汚れがひどい場合は、できるだけ早く購入した店舗もしくは着物専門のクリーニングに相談してみてください。

 

3.正しくたたみ、たとう紙に包みます。保管は桐のタンスが理想的ですが、桐の着物専用ケースやプラスチック製の収納ケースの場合は、たとう紙に包んだ状態もしくは2つ折りで収納できるサイズを選びましょう。底部分には必ず除湿シートを敷き、防虫剤も入れておきましょう。

 

4.付け下げは、年に1~2回ほど虫干しをして湿気を払います。雨の翌日を避けて、乾燥している日に4~5時間ほど陰干しするのが効果的です。

 

黄ばみやカビが発生しないよう、日頃から丁寧にお手入れしておくことが大切です。お手入れや保管の仕方を今一度見直してみてください。

 

帯や和装小物をそろえる

 

帯や和装小物を、付け下げとセットにすると買取価格がアップします。特に、セミフォーマルなシーンで着用する付け下げに合わせた帯は、金糸銀糸を使い、古典文様が織りだされているものが多いため、高値での買取りが期待できるでしょう。同じように、帯揚げ・帯締め・草履・バックなども、フォーマルなシーンで活用できる和装小物は人気があります。

 

できるだけ早く売る

 

売却を検討しているのであれば、できるだけ早く売りましょう。結婚式や入学式・卒業式のシーズン前といった売り時を考えるのも一手ですが、付け下げは絽や紗の夏向け生地を除けば、1年を通して着用機会が多いです。季節需要を考えるよりも、時間の経過による状態の劣化を避けるという意味で、古くならないうちに売ることが重要になります。

 

着物専門店で売る

 

付け下げを高く買い取ってくれるのは、買取専門業者のなかでも着物専門店です。着物を専門とした買取店であれば、専門知識や鑑定スキルに優れた査定士が在籍しています。価値のある付け下げを、適正な価格で買取ってもらえるでしょう。また、店頭買取をはじめとして出張買取や宅配買取から、状況に合った方法での買取りが可能です。

 

複数の着物専門店で相見積もりを取る

 

業者が独自に定めた評価ポイントに照らし合わせて査定するため、業者によって買取価格が異なることがあります。無料で査定を行っている業者から相見積もりを取り、最も高い買取価格を提示したところへ売却するのが得策です。電話やメール、LINEなどで簡易査定をしてもらえる業者が多いので、気軽に依頼してみましょう。

 

最後に

本記事では、付け下げの概要、他の着物との違いや用いられる生地の種類、着用シーンによる帯選びに加えて、売却する前に知っておきたいポイントも解説しました。付け下げは、訪問着に次ぐ格式のある着物で、贅沢が禁止された戦時下において訪問着に代わる着物として考案されました。時代の流れとともに、付け下げに似た種類の着物も登場しています。お持ちの付け下げの売却を検討している方は、高く売れる特徴や高く売るためのポイントを参考にしてみてください。

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...