江戸小紋とは?特徴や代表的文様からTPOに合わせたコーディネートを解説

TOP

> 江戸小紋とは?特徴や代表的文様からTPOに合わせたコーディネートを解説

江戸小紋は、裃(かみしも)に由来し、細かい文様が遠目には無地のように見える一色染めの着物です。文様の種類と紋の数で、あらたまった席での着用や普段の装いにもなります。本記事では、江戸小紋の特徴や代表的な文様、TPOに合わせたコーディネートについても解説します。

 

江戸小紋とは

 

江戸小紋について解説します。江戸時代に、藩の定めた文様が取り入れられたことが始まりです。型紙を用いた型染めの方法による小紋の一種で、型友禅小紋などと区別するために「江戸小紋」と名付けられました。文様の種類により、カジュアルからセミフォーマルまで着用することができます。

 

江戸小紋のルーツは武士の礼装

 

そもそもの小紋が広く普及したのは江戸時代初期で、武士の裃(かみしも)に細かな文様を染めるようになったことにあります。その裃から発展したのが江戸小紋です。当時、参勤交代で江戸にやってくる藩士たちを区別するため、藩ごとに文様が定められていました。幕府による「贅沢禁止令」を機に、文様が細かくなったといわれています。

 

参考:江戸小紋|葛飾区伝統産業職人会

 

繊細な文様は「型染め」によって生み出されている

 

江戸小紋は、一色染めを基本とすることもあって、遠目に見ると無地と見違えるほど細かな文様が染められていることが特徴です。この細かな文様は、文様を彫った伊勢型紙を白生地の上に置き、その上から防染の糊を引いて洗い流すことで生み出されています。

 

カジュアルからセミフォーマルの着物

 

江戸小紋は、カジュアルからセミフォーマルまでこなす、その応用範囲の広さが魅力です。そのルーツを武士の裃とするため、現在でもセミフォーマルの装いとして着用できます。ただし、江戸小紋であればなんでもあらたまった席に着用できるわけではありません。鮫小紋と呼ばれる格式のある江戸小紋に、一つ紋を入れることが求められます。

 

もし、結婚式で着用する際には、式場の格式や新郎新婦との間柄を考慮する必要があるので注意しましょう。結婚式では色留袖や訪問着が礼装であり、友人の結婚披露宴や2次会であれば紋の入った江戸小紋は良いとされています。

 

江戸小紋の代表的な文様

 

江戸小紋には数多くの文様が存在しますが、鮫・角通し・行儀を江戸小紋三役(えどこもんさんやく)、大小霰と万筋を加えた江戸小紋五役(えどこもんごやく)が代表的な文様として知られています。これらは、裃由来の「定め小紋」であり、格式の高い文様です。

 

ここでは、江戸小紋三役・五役とされる文様の特徴と意味について解説します。

 

行儀(ぎょうぎ)

 

行儀は、仙台藩伊達家の定め紋です。小さな点が、斜め45度に整然と並んでいる文様のことで、行儀作法つまり礼を尽くすという意味をもちます。行儀をさらに細かくした文様は、極行儀と呼ばれています。

 

角通し(かくとおし)

 

角通しは、信濃戸田家の定め紋です。小さな丸い点が、縦横に規則正しく並んでいる文様を「通し」といいます。これに対して、四角形の小さな点を縦横に並んでいる文様が「角通し」です。真っ直ぐに筋を通すという意味をもちます。

 

鮫(さめ)

 

鮫は、紀州徳川家の定め小紋です。細かい点を扇状に並べた文様のことで、鮫の鱗のように重なっていることから堅い鎧兜に例えられ、魔除けや厄除けの意味をもちます。鮫をさらに細かくした文様を極鮫と呼びます。

 

大小霰(だいしょうあられ)

 

大小霰は、もとは薩摩島津藩の定め紋です。大小の不規則な点を生地いっぱいに配置した文様です。空から降る霰を文様化したといわれ、勢いづけという意味をもちます。カジュアルな装いにも幅広く用いられている文様のひとつです。

 

万筋(まんすじ)

 

万筋は、非常に細かい縦縞の文様で、筋を通すという意味をもちます。江戸小紋の縞柄の代表であり、一寸(約3センチ)の幅に入る縞の本数によって、いくつかの呼び方があります。万筋より細かいものを微塵筋(みじんすじ)といい、倍ほどに太いものを千筋と呼びます。

 

参考文献:藤井健三著『格と季節がひと目でわかる きものの文様』世界文化社

 

江戸小紋のTPOに合わせたコーディネート

 

ここでは、江戸小紋が着て行ける場所、TPOに合わせた帯のコーディネートについて解説します。カジュアルからセミフォーマルまで着こなせる江戸小紋だからこそ、TPOに適した帯を合わせた装いをすることが大切です。

 

江戸小紋を着ていける場所

 

すでにご紹介したように、江戸小紋三役や五役の文様は、紋を1つ入れることで結婚式や披露宴での着用が可能です。その他にも、お茶席や子どもの行事の付き添いとして入学式や卒業式に着用することができます。紋の入っていないカジュアルな江戸小紋は、街着として食事会やショッピングといった外出にふさわしい装いです。

 

また、江戸小紋は一色染めなので、色無地の着物と同じ格式になります。地色を藍、グレー、紫など落ち着いた色合いの着物に一つ紋を入れておくと、慶弔両用に使うことも可能です。

 

フォーマルなシーンには袋帯

 

フォーマルなシーンには、袋帯を合わせるようにしましょう。袋帯とは、表と裏に別の生地(裏は無地)を使って、袋状に織られている帯を指します。フォーマルなシーンでは、振袖や留袖、訪問着など礼装用の着物に袋帯を組み合わせることが鉄則です。そのため、江戸小紋も例外ではなく、金糸銀糸を用いた格調の高い袋帯を選ばなければなりません。

 

カジュアルなシーンには名古屋帯もしくは洒落袋帯

カジュアルなシーンには、染めの名古屋帯や洒落袋帯が適しています。名古屋帯は、袋帯の簡易帯として考案され、袋帯よりも長さが短くなっています。洒落袋帯は、金糸銀糸を控えて色糸で織られた袋帯のことです。江戸小紋に合わせる名古屋帯や洒落袋帯は、趣味性の高い染め帯がよく合います。

 

参考文献:『家庭画報特選 決定版 きものに強くなる』‎世界文化社

 

高値がつく江戸小紋の特徴

 

江戸小紋のルーツや代表的文様などを理解したところで、続いて高値がつく江戸小紋の特徴について解説します。

 

高値がつく江戸小紋の特徴は、以下の通りです。

 

  • 証紙がついている

 

  • 代表的な文様が描かれている

 

  • 有名作家が手がけたもの

 

  • 状態が良い

 

  • 丈が長いもの

 

お手元にある江戸小紋の品質をしっかり確認しておきましょう。

 

証紙がついている

 

江戸小紋の品質を保証するには、着物だけでなく証紙があった方が高値が期待できます。江戸小紋には、東京都染色工業協同組合が発行する証紙が付いています。証紙とは商標登録のことで、組合で実施する検査を通過すると証紙が貼られ、産地の証明と品質の証を示すものです。より高い価格で売れるように、証紙がどこにあるか確認しておきましょう。

 

<江戸小紋の証紙(東京都染色工業協同組合指定)>

 

引用:江戸小紋ブランド証紙|東京都染色工業協同組合 

 

代表的な文様が描かれている

 

江戸小紋の文様は、数千種あるといわれています。なかでも、代表的な文様である江戸小紋三役・五役「行儀、角通し・鮫・大小霰・万筋」が描かれている江戸小紋も高値がつくでしょう。フォーマルなシーンでも着用できるうえに、帯を変えれば着用範囲が広がるからです。さらに、文様の細かい極鮫、極通し、微塵筋も高値が見込めます。

 

有名作家が手がけたもの

 

江戸小紋のなかでも、有名作家が手がけたものは高値がつきます。特に、有名な作家は以下の3名です。

 

  • 小宮康助(こみや こうすけ)江戸小紋・重要無形文化財保持者

 

  • 小宮康孝(こみや やすたか)江戸小紋・重要無形文化財保持者

 

  • 藍田正雄(あいだまさお)小紋師・重要無形文化財(群馬県指定)

 

小宮康助氏、康孝氏は二代続けて重要無形文化財保持者に認定されました。江戸小紋は長い歴史の中で型染めの技術が受け継がれてきましたが、江戸小紋という名称は、小宮康助氏が1955年に重要無形文化財保持者に認定された際に、自身が名づけられたものです。

 

藍田正雄氏は、小紋職人であった父藍田春吉氏のもとで修行しました。「板引き杢」という木目を思い起こさせる文様を開発し、「江戸小紋深山染め」と呼ばれる傘地を染める技法を小紋染めに取り入れるなど、伝統的な技術のなかにも新しい技法を開発・復元しています。

 

状態が良い

 

江戸小紋は、保存状態が良いものが高値での売却が可能になります。ここまで紹介してきた高値がつく特徴を備えていても、シミやカビなどが発生していれば、売却自体が難しくなってしまうでしょう。ゆえに、普段からの保管状態には細心の注意を払う必要があります。

 

お手入れは、以下の手順でおこないます。長い間しまったままになっている方は、着物を広げて湿気を除き、汚れやシワがないか確認しましょう。

 

  • 脱いだらすぐに陰干しをする

 

  • 正しく畳んむ

 

  • たとう紙(和紙)に包む

 

  • 桐たんす、除湿シートを敷いた衣装ケースに保管する

 

  • 年2回程度、虫干しをおこなう

 

着丈が長いもの

 

江戸小紋は、着丈サイズが長いものが需要が高いので高値がつく可能性があります。現代の女性の平均身長は約158cmで、昔に比べて身長も高くなっています。着丈が長ければ、仕立て直しで調整できますが、小さなサイズでは仕立て直しができません。そのため、着丈の長い江戸小紋は、高値がつく傾向にあるのです。

 

最後に

本記事では、江戸小紋の特徴や代表的な文様、TPOに合わせた帯のコーディネートについて解説しました。フォーマルなシーンでは、代表的な文様があしらわれた江戸小紋に金糸銀糸を用いた袋帯と合わせることで上品な装いになります。また、染めの名古屋帯や洒落袋帯を合わせると、趣味性の高い個性的な装いも可能です。

 

このような江戸小紋をタンスにしまったままにしておくのは、もったいないことです。もし、着用する機会がないという方は、売却を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...