京友禅とは?特徴や美しさを表現する染め技法・代表的文様について解説

TOP

> 京友禅とは?特徴や美しさを表現する染め技法・代表的文様について解説

京友禅は、日本の三大友禅のひとつとして、京都で古くから生産される友禅染です。振袖や訪問着などのフォーマルな着物に描かれています。本記事では、京友禅の特徴や伝統的な染め技法、文様を解説し、あわせて高値がつく京友禅の特徴についても解説します。

 

京友禅とは?

 

京友禅とは、京都で生産される華やかな友禅染です。江戸時代の元禄期に宮崎友禅斎によって考案されたといわれています。1枚の京友禅が完成するまでの工程の全てが分業で行われます。ここでは、京友禅とはどのような友禅染めなのか解説します。

 

日本三大友禅の1つ

 

京都は、京友禅や西陣織、京鹿子絞といった織物の産地として知られています。京都で生まれた京友禅は、加賀友禅、東京友禅とともに三大友禅として、日本の代表的な友禅染に数えられています。三大友禅の中でも最も歴史があり、他の友禅に大きな影響を与えました。

 

加賀友禅は、加賀五彩を基調とした落ち着いた色合いがあり、東京友禅は、藍や白、茶を基調とした粋な風合いを特徴とします。豪華絢爛と評される京友禅は、金箔や金粉を用いた金彩という加飾技法が施されています。友禅染をさらに豪華に見せる技法です。婚礼衣装や振袖、留袖などのフォーマルな着物に多く用いられています。

 

京都の扇絵師・宮崎友禅斎が確立した友禅染

 

江戸時代の元禄期に、扇絵師の宮崎友禅斎が、扇のデザインを模様染めに応用したのが京友禅の始まりといわれています。京都の染色技術は、奈良時代に始まり、ろうけち染は友禅染の基となり、こうけち染は鹿の子絞りとして発達しました。

 

これらは、上流階級のための高級品として生産され、元禄期には次第に町人の間で広がっていくことになります。この時期には、宮崎友禅斎の絵画風の友禅染が主流となり、現在の手描き友禅へと発展したといわれています。宮崎友禅斎が考案したとされる糸目糊を使うことで、隣り合う色が混ざらなくなり、絞り染めなどでは十分にできなかった四季折々の情景や花鳥風月などの表現が可能になったのです。

 

参考:京友禅の誕生と発展|京都友禅協同組合 

 

専門職による分業制で作られる

 

手描きの京友禅の制作工程は、デザイン、下絵、糸目置き、色挿しから仕上げまで細分化された分業制で行われていることが特徴です。

 

各工程は、高度の技術をもつ20種類以上の専門職が担っています。分業制のもとでは、各工程をつなぐ悉皆(しっかい)、染匠(せんしょう)と呼ばれる職種が存在し、得意先からのオーダーに応じて、染色加工に発注して納品を行います。徹底した分業制によって、各工程の技術が磨かれ、京友禅が作られているのです。

 

京友禅の華やかで豪華絢爛な美しさを表現する染め技法

 

京友禅は大きく分けると、手で染色する「手描き友禅」と型紙を使う「型友禅」に分かれます。ここでは、宮崎友禅斎によって考案されたといわれる手描き友禅、明治以降に発達した型友禅について解説します。また、京友禅に用いられる染め技法もあわせてご紹介します。

 

手描き染め

 

手描き友禅は、糸目糊を使って白生地に下絵を描き、それを染め出すという技法です。細い筒の中に糊を入れて指先で絞り出しながら、下絵の上から糸のように細い線で輪郭を描きます。これが、友禅染の特徴である糸目置きです。糸目置きで描かれた文様に、筆や刷毛で染料します。華やかな色彩の友禅染の場合は、30以上の色が使われるようです。

 

型染め

 

友禅染に化学染料が用いられるようになりました。化学染料を混ぜた写し糊(色糊)が開発され、型紙を使って文様を染め出す技法が型友禅です。型染めは、1枚の型紙で同じ文様を染められるうえに、配色を変えれば雰囲気の異なる仕上がりになります。量産が可能になるとともに、庶民が求めやすい安価な友禅が生産されるようになりました。

 

ろうけつ版染め

 

ろうけつ染めは、溶かしたろうを筆にとって生地に文様を描き、その上から染料で染めていく技法です。ろうは、もち米の糊に比べ防染力が弱いため、防染して染め上がるまでに、ろうが不規則に割れ、染料が混じりやすくなります。この独特なにじみやかすれが、ろうけつ染めの味わいでもあります。この技法を用いた友禅は、ろうけつ友禅と呼ばれています。

 

ぼかし染め

 

ぼかし染めは、濃いところから淡くぼかして染めていく技法です。伸子(しんし:両端に針がついた竹製の細い棒)を使って生地を張り、刷毛で染料を馴染ませていきます。染料の自然なにじみを利用するため、糸目糊やろうなどの防染をしません。幽玄な趣きに加えて、より写実性の高い表現が可能になります。

 

絞り染め

 

絞り(しぼり)染めは、白生地の一部をつまみ糸でくくるなどしてから染色する技法です。シワ部分に濃淡のぼかしを加えたり、染め分けたりして、立体的な表現になります。京友禅では、絞り友禅や型友禅で染め上げる「から絞り友禅」などに用いられています。

 

参考:京友禅の技法と作品|京都友禅協同組合 

 

京友禅に描かれる代表的な文様

 

京友禅は、一幅の絵画と比喩されるほど、絵画のように色鮮やかで美しい文様が描かれています。ここでは、京友禅に描かれる代表的な文様である有職文様、光琳文様、御所解文様について解説します。

 

有職文様

有職(ゆうそく)とは、宮廷内の儀式や礼法に関する知識があることを示し、博識があり教養豊かなことを指していました。現在では、平安貴族の装束や調度品、牛車などに用いられた文様を総称して、有職文様と呼んでいます。代表的な文様は、浮線綾文(ふせんりょうもん)、窠文(かもん)などがあります。

 

光琳文様

光琳(こうりん)文様は、桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した芸術家や画家の「琳派」の作風をもつ文様の総称です。尾形光琳が絵の題材とした「菊・梅・松」などを真似て図案化し、「光琳菊・光琳梅・光琳松」が作られました。

 

御所解文様

御所解(ごしょどき)文様とは、

江戸時代後期に、高位の御殿女中に好まれた御所の風景を表現する文様の総称です。源氏物語といった平安文学や能楽をモチーフにしたものも多く、御殿や御所車に、四季折々の植物や流水や霞といった自然文様が組み合わされています。着物全体が、物語の一場面を想起させるような絵画的な文様です。

 

参考文献:藤井健三著『格と季節がひと目でわかる きものの文様』世界文化社

 

高値がつく京友禅の特徴

 

京友禅には手描き友禅と型友禅があり、制作に手間がかかる手描き友禅が高値がつく傾向にあります。京友禅の売却を考えるとき、需要が高いとはいえ、より高値がつく手描き友禅の特徴を押さえておくことが必要です。

 

その特徴としては、以下のようなものがあります。

 

  • 証紙がついている

 

  • 有名作家がの落款がある

 

  • 京友禅の老舗が手がけたもの

 

  • 保存状態が良い

 

続いて、これらの特徴について解説します。

 

証紙がついている

 

証紙とは商標登録のことで、産地の証明と品質の証を示すものです。産地ごとに定められた基準に合格すると、各協同組合が発行します。京友禅証紙の発行は、京友禅振興協議会の管理下で発行され、制作責任者によって貼付されることになっています。京友禅振興協議会の会員団体は、「京友禅協同組合連合会」と「京都織物卸商業組合」です。

 

京友禅の手描き友禅には、京手描き友禅証紙が貼られます。これは、京都工芸染匠協同組合が発行し、京都および京都近郊において京手描友禅によって生産された製品に貼付される証紙です。作者を特定する証紙番号が表示されています。

引用:京手描友禅証紙|京都工芸染匠協同組合 

 

手描き友禅以外の型友禅などに貼られる証紙は、京友禅証紙といって京友禅振興協議会が発行します。証紙番号が表示されているので、誰が制作した型友禅かが分かります。

引用:京友禅証紙|京友禅協同組合連合会

 

有名作家が手がけたもの

 

京友禅の有名作家には、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された方や皇室献上友禅作家が存在し、有名作家が手がけた京友禅には非常に高い価値があります。

 

京友禅の有名作家には、以下のような方々がいます。

 

  • 田畑喜八(たばたきはち)人間国宝

 

  • 松井青々(まついせいせい)京都染織美術協会会員 

 

  • 木村勝美(きむらかつみ)京都染織美術協会会員

 

  • 北出与三郎(きたでよさぶろう)皇室献上友禅作家 

 

  • 藤井寛(ふじいひろし)皇室献上友禅作家 

 

京友禅作家には、伝統的工芸品産業振興協会が認定する伝統工芸士も含まれます。京都府内には、232名(2017年4月1日現在)の「伝統工芸士」がいます。作家名を知りたい方は、購入した販売店などで確認してみてください。

 

参考:伝統工芸|京友禅協同組合連合会 

 

京友禅の老舗が手がけたもの

 

京友禅の有名作家はもちろんですが、老舗が手がけた友禅も高値がつきます。千總(ちそう)は1555年に創業し、460年以上も続く老舗です。京友禅着物における随一の老舗として、全国に知られています。

 

保存状態が良い

 

京友禅は、保存状態が良いものが高値での売却が可能になります。これまで紹介してきた特徴を備えていても、保存状態が悪く、着用もできない友禅着物は買取りそのものが難しいでしょう。日頃のお手入れが重要です。

 

京友禅のお手入れは、以下の手順でおこないます。長い間しまったままになっている方は、汚れやシワがないか確認しましょう。

 

  • 脱いだらすぐに陰干しをする

 

  • 正しく畳む

 

  • たとう紙(和紙)に包む

 

  • 桐たんす、除湿シートを敷いた衣装ケースに保管する

 

  • 年2回程度、虫干しをおこなう

 

最後に

本記事では、京友禅の特徴や伝統的な染め技法、描かれている代表的な文様の種類、高値がつく京友禅の特徴について解説しました。京友禅は、宮崎友禅斎が確立したとされ、300年以上の歴史がある友禅染です。高度な技術をもつ多種多様な専門職によって、分業制で制作されています。

 

京友禅の売却を考える方は、協同組合が発行する証紙、有名作家や老舗が手がけたものであるかなどチェックしてみてください。また、売却の際や着用するときに後悔しないためにも、日頃からのお手入れに気を配りましょう。

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...