反物とは?サイズや素材から仕立て方による着物の種類までを解説

TOP

> 反物とは?サイズや素材から仕立て方による着物の種類までを解説

反物とは、着物を仕立てる前の布を筒状に巻いたものを指します。この記事では、反物のサイズや素材、仕立て方による着物の種類、仕立てる際の注意点について解説します。反物はあるけど、どのような着物に仕立てるのか分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

反物とは?意味やサイズ・素材について解説

 

反物という言葉を聞いたことはあっても、正しい意味を知っている人は少ないようです。着物はすべて1枚の布でできており、この布を筒状に巻いたものを反物といいます。ここでは、反物の意味やサイズ、素材について解説します。

 

着物を仕立てる前の布を筒状に巻いたもの

 

反物とは、大人用の着物一着分を仕立てるために必要な生地を筒状に巻いたものを指します。反物として売られているのは、主に小紋、付け下げ、紬、浴衣などです。通常、留袖や振袖、訪問着は、着物全体の文様が分かるように着物の形に仮仕立てされてされています。

 

幅36cm・長さ12mぐらいに織られた布

 

反物のサイズは、およそ幅36cm(九寸五分)・長さ12m(三丈)です。これを目安とし、幅の広いものに女性用のクイーンサイズ(幅:約40cm)や男性用のキングサイズ(幅:約42cm)があります。反物の「反」は、生地の長さを表す単位で、一反と数えます。同じ一反であっても、反物によって違いがあるため、幅は一定ではありません。

 

絹以外にもいくつかの素材で織られている

着物といえば、絹で織られた生地を思い浮かべる方が多いでしょう。着物生地である反物には、絹以外にもいくつかの素材で織られています。

 

正絹

 

蚕の繭から採った絹糸で織られた絹100%の素材を正絹(しょうけん)といいます。なめらかな肌触りと美しい光沢を特徴とする最高級品です。羽二重、縮緬、御召、紬、絽、紗などの生地があります。振袖や留袖、訪問着などのフォーマルな着物から小紋や色無地などカジュアルダウンした着物まで幅広く使われています。

 

 

苧麻(ちょま:イラクサ科の多年草)の糸で作られる素材です。普段着やちょっとしたお出かけ向けの着物生地に使われます。手績みの苧麻糸で織られるものの中では、沖縄県の宮古上布や新潟県の越後上布が有名です。いざり機で織ったものは、新潟県の小千谷縮や沖縄県の宮古麻織があります。

 

木綿

 

綿花を糸状に紡いだ糸で作られる素材です。繊維が太くて丈夫で、吸湿性や通気性に優れています。三重県の伊勢木綿や山形県の米沢木綿、兵庫県の丹波木綿が有名です。また、絣(かすり:織り技法の1つ)生地にも使われ、愛媛県の伊予絣、広島県の備後絣、福岡県の久留米絣は日本三大絣としても有名です。真夏以外の季節において、普段着やちょっとしたお出かけの着物として親しまれています。

 

ウール

 

羊毛の糸で作られる素材です。ウール100%のほかに絹、木綿、化学繊維との混紡があり、厚手で保温性が高く、主に冬の普段使いの着物に多く使われています。それとは別に、絹との混紡はシルクウールと呼ばれ、京都の西陣ウールや静岡県浜松ウールが高級生地として知られています。サマーウールの着物であれば、普段着のみならず観劇や食事会などちょっとした外出の装いとして着用することができます。

 

化学繊維

 

石油を原料とし、人工的に作られた素材です。着物に使われる化学繊維は、ポリエステルが主流になっています。合成技術の進歩から、絹の風合いに近い生地も作られるようになりました。ただ、通気性が良くないため、暑い時期や湿度の高い時期には向いていない素材となります。

 

反物の仕立て方による着物の種類

 

反物の状態から、着物などに縫うことを仕立てといいます。仕立ての違いによって、袷と単衣、さらに仮絵羽があります。ここでは、それぞれの仕立て方について解説します。

 

袷(あわせ)

 

袷の着物は、10月頃から翌年の5月頃まで着用し、表地に裏地になる八掛(はっかけ:裾回し)と胴裏を縫い合わせた着物のことです。袷の着物を仕立てるためには、反物のほかに胴裏と八掛が必要になります。一般的に、留袖や訪問着、色無地など礼装用の着物では、八掛を表地と同じ布を付けることが多いです。

 

単衣(ひとえ)

 

単衣の着物は、6月と9月に着用する裏地のない着物のことです。浴衣や薄物(うすもの:絽や紗などの薄い生地で仕立てられた着物)も単衣仕立てで、盛夏用として7月から8月に着用します。単衣の着物は、一反の反物で仕立てることが可能です。後ろ見頃の腰から下の縫い目に「居敷当て(いしきあて)」を別布で補強することもあります。

 

 

反物を仕立てる際の注意点

 

タンスにしまったままになっている反物があるという方は、意外と多いようです。手元にある反物を仕立てに出す前に、確認しておくことがあります。仕立てる際の注意点は、以下の通りです。

 

  • 反物のサイズと着物を着る人のサイズが合わないことも

 

  • 仕立てる着物が袷か単衣によって必要な付属品が異なる

 

  • シミや汚れがないか確認が必要

 

場合によって、仕立てられないことがあるので、必ず確認しましょう。

 

反物のサイズと着物を着る人のサイズが合わないことも

 

反物のサイズは、作られた年代によって小さい場合があります。現代において女性の平均身長は158cmほどですが、以前はもっと小柄でした。そのため、基本的な反物のサイズ「幅36cm・長さ12 m」より小さい場合があるのです。

 

また、基本的な反物のサイズでは、おおよそ身長170cmの方まで仕立てることができます。170cm以上の高身長の方は、着丈が足りなくなる場合があります。大柄な方は、身頃の柄合わせが合わない場合も出てきます。仕立てる前に、体型にぴったり合う反物かどうかを確認しておくことが大切です。

 

仕立てる着物が袷か単衣によって必要な付属品が異なる

 

袷の着物に仕立てる際には、八掛と胴裏といった裏地が必要です。黒留袖や色留袖に仕立てる場合は、裏地のほかに比翼地(ひよくじ)も必要になります。比翼仕立てといって、留袖の裏に比翼地を縫い付け、白い着物を重ねてきているように見せる仕立て方のことです。

 

単衣の着物に居敷当てを付ける場合は、居敷当て生地が必要です。縫い目が開いたり裂けたりするのを防ぐことはもちろん、薄い生地では透けて見えることも防ぐ役割もあります。居敷当て生地が必要かどうか検討しておきましょう。

 

シミや汚れがないか確認が必要

 

タンスにしまったままの反物は、湿気によるシミや汚れがついている場合もあります。まず、タンスから反物を出して広げてみましょう。汚れているからといって、仕立てを諦める必要はありません。シミ抜き(部分洗い)や洗い張りによって、生地本来の状態によみがえらせることができるかもしれません。

 

ただ、着物を着る機会があまりないという方は、そのままの状態で売却を検討するのも一つの考えです。

続いて、反物を高値で売るポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

反物を高値で売るポイント

 

反物の価値を判断するのは、着物に詳しくない方にとって難しいものです。反物には、高値で売るためのポイントがあります。

 

反物高値で売るためのポイントは、以下の通りです。

 

  • 正絹で織られている

 

  • 証紙が付いている

 

  • 保存状態がよい

 

  • 反物が入っていた箱を付ける

 

  • 着物専門店に売る

 

1つずつ解説しますので、手元にある反物が不要だと判断したら確認してみてください。

 

正絹で織られている

 

反物の素材が正絹で織られていることを証明できれば、高値での売却が期待できます。

 

以下の画像は、丹後ちりめんの反物です。正絹であることを示す刻印がされています。

 

<正絹の刻印>

 

また、反物に「日本の絹マーク」もしくは「純国産絹マーク」がついていることもあります。(一財)大日本蚕糸会が、使用許諾をした登録者に与えられるマークのことです。

 

<日本の絹マーク>

 

絹織物のうち、日本で織られた白生地および日本で染織された着物や反物、仮仕立てのもの)につけられます。海外から輸入した生糸を用い、国内で生産した着物であることの証明です。 

引用:日本の絹マーク|一般財団法人大日本蚕糸会 

 

<純国産絹マーク>

 

日本の絹マークには、絹糸の産地について規定がないため、海外産の絹が使われるものも混在していました。そこで、純国産の絹糸で生産された白生地であることを明らかにするため、純国産絹マークが作られました。

引用:純国産絹マーク|一般財団法人大日本蚕糸会 

 

証紙が付いている

 

反物に証紙が付属している場合も、高値での売却が可能です。証紙とは商標登録のことで、産地や品質を証明するものです。売却の際には、必ず証紙を付けましょう。

 

証紙の一例として、京友禅証紙をご紹介します。京友禅証紙は、京友禅振興協議会の管理下で発行され、制作責任者によって貼付されることになっています。

 

<京友禅証紙>

 

京友禅の手描き友禅には、京手描き友禅証紙が貼られます。京都工芸染匠協同組合が発行し、京都および京都近郊において京手描友禅によって生産された反物に貼付される証紙です。作者を特定する証紙番号も表示されています。

引用:京手描友禅証紙|京都工芸染匠協同組合 

 

また、手描き友禅以外の型友禅などに貼られる証紙は、京友禅証紙といって京友禅振興協議会が発行します。証紙番号が表示されているので、誰が制作した型友禅かが分かります。

 

引用:京友禅証紙|京友禅協同組合連合会

 

保存状態が良い

 

反物を少しでも高値で売却するのであれば、保存状態が良いことが前提になります。反物を虫干しするという方は少なく、風を通さないままタンスで保管されていることが多いものです。虫食いやシミ、汚れがないかチェックし、晴れた日に風通しの良い部屋で陰干ししておきましょう。

 

反物が入っていた箱を付ける

 

反物の中には、専用の箱に入っているものがあります。有名作家が手がけたもの、重要無形文化財の指定技法で作られた生地素材の反物であれば、良質な桐の箱に入っていることが多いです。高級な反物には、作者の名前を示す落款が刻印されており、専用の箱にも落款が刻印されていることが多いため、箱があることでより高値での売却につながります。

 

着物専門店に売る

反物の売却は、正しい価値を鑑定できる着物専門店がおすすめです。ただ、着物専門店といっても、反物の買取実績はさまざまです。豊富な買取実績があると安心して売却できるでしょう。着物専門店のホームページで、どのような反物をいくらで買取してきたのかをチェックすると参考になります。

 

最後に

この記事では、反物のサイズや素材、仕立て方による着物の種類、仕立てる際の注意点について解説しました。反物は、自分のサイズに合わせ、自分だけの着物を作れることが魅力です。もし、着物を着る機会がないという方は、着物専門店に売却して、着物が好きな方に仕立ててもらうというのも1つの考えです。本記事を参考に、反物のもつ価値を確認してみてください。

 

この記事を書いた人

着物買取の窓口編集部

はじめての着物買取で生じる様々な疑問にお答えできるメディア「着物買取の窓口」を運営する編集部です。着物の正しい知識とリアルな体験談を主軸に情報をお届けします。

この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人...